節分でいわしを玄関に飾るのはなぜ?いつまでが正解?

【スポンサードリンク】

2月の節分といえば豆まきですが、軒先にいわしの頭やヒイラギを飾る風習は知っていますか?

なぜいわしの頭を飾らなければならないのか、知らないでいると子供たちなどに聞かれたとき困ってしまいますよね。

なぜいわしの頭を飾るのか、またいつまで飾っておくのが正解なのか、ご紹介します。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

節分でいわしの頭を玄関に飾る理由

節分とは2月3日なのは、みなさんご存知ですよね。

この節分とは「季節を分ける」意味があり、本来は春、夏、秋、冬それぞれに節分がありました。

節分は季節の変わり目である、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいいますが、その中で春は一年の始まりとしてもっとも大切な日であり、この日が節分として今に残ったのです。

そして新しく始まる一年を、病気や怪我のないよう、平穏に暮らせますようにという願いを込めて節分の日に「悪いもの」を祓う風習が生まれました。

昔は病気や怪我、また不幸が起こる原因は「魔」が原因だと考えられていました。

目に見えないもの、得体の知れないもの、それが「魔」です。

やがてその目に見えないものは、「鬼」の仕業であると考えられるようになりました。

また季節の変わり目には魔=鬼が生じ、悪さをするのでそれを祓うために豆をまき、鬼が家の中に入ってきて悪さをしないよう、魔よけを玄関に飾りました。

いわしは焼くと煙と臭いが出るため、これを鬼が嫌うことから魔よけとされました。

このいわしの頭を柊の枝で刺すと、嫌いないわしの臭いに鬼は近寄らないか、近寄ろうとしても柊の葉のギザギザに刺されるので逃げ出してしまうと言い伝えられてきたのです。

いわしを飾るのはいつまで?

では、いわしはいつまで飾っておけばいいのでしょうか。

まず、いつから飾ればいいのでしょうか。

節分のその日に飾ってもいいのですが、小正月である1月15日の翌日から節分の日まで飾るのが慣わしとなっている地域が多いです。

ただし外す日については、さまざまな説があります。

一般的には立春である節分の次の日に外す地域がほとんどです。

しかし2月いっぱい飾る、また3月のひな祭りの日まで、また次の節分までそのままというところや、猫に食べてもらうまで飾っておくという地域もあります。

飾るときにはその地域にあわせて飾るようにしたいですね。

【スポンサードリンク】

柊いわしの作り方

柊いわしは、まずいわしと柊を用意します。

柊は葉のついた枝を用意します。できれば20センチ以上のしっかりした枝を選びましょう。

いわしはしっかり焼いてから頭だけを切り落とし、柊の枝に刺します。

鬼が入らないように玄関先に飾るのが慣わしですが、場所がなければ家の中でもかまいません。

植木鉢に刺してもいいでしょう。

ペットを飼っている方は、うっかり口に入れてしまわないよう気をつけてあげてくださいね。

いわしはどう処分したらいい?

不用になったいわしですが、そのまま捨てるのはちょっとしのびないですよね。

捨て方としては、
○半紙に包み、塩で清めてから捨てる
○いわしの身は飾らずにいただき、頭と柊は飾った後灰になるまで焼いてから玄関先に埋める、もしくは玄関先に灰を盛る
○神社でお焚きあげをお願いする

といった方法があります。

厄災を祓ってくれた柊いわしですから、きちんと感謝しながら処分するようにしたいですね。

節分でいわしを飾るのは、季節の変わり目に生じる魔、鬼の持ってくる厄災から家を守るための慣わしです。

鬼は焼いたいわしの煙や臭いを嫌うとされていて、また柊の尖った葉は、厄を祓い、家に入ろうとする鬼から家を守ってくれると言い伝えられてきました。

そのため家の玄関に柊いわしを飾るようになったのです。

節分の次の日の立春から新しい年がはじまりますので、この日に外してもいいのですが、地域によっては2月いっぱいや3月のひな祭りまで飾るところもあります。

住んでいる地域にあわせて、柊いわしを飾るようにしたいですね。

今回は節分でいわしを玄関に飾るのはなぜなのかといつまでが正解なのかに関して解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ