七五三の初穂料!神社に渡すタイミングはいつが良いのか解説!

【スポンサードリンク】

女の子は『3歳と7歳』、男の子は『3歳と5歳』の時にお祝いをする伝統的なイベントが七五三ですよね!

この七五三では衣装や写真を用意するほかに、『初穂料』というものも準備する必要があります。

また初穂料に関しては『渡すタイミングはいつなのか?』と七五三をお祝いするのが初めての親御さんだったらついつい迷ってしまうこともあるかもしれませんね(^^;)

そこで今回はそんな『七五三の初穂料を神社に渡すタイミングはいつが良いのか』・また『初穂料についてのマナー』なども詳しく解説していきます。

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

初穂料って、そもそも何?

まだ七五三を経験したことがなくて初穂料という風習についてよくわかっていないお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか?

そこで、まずは大前提として初穂料とは何か?』についてお知らせいたしますね(^^)/

初穂料とは、ズバリ七五三の祈祷をしていただく時に神社におさめるお金のことです。

その言葉の起源を大昔に遡ると一番最初にとれた初穂を神社におさめていたことからこの「初穂料」という名前となったといわれています。

何も農家に限った話ではなく漁師なら魚を、生産者でもない人はお金を納めていました。

それは古代においては豊作を祈るお祭りの時に徴収したとされていて現在ではお金のみを徴収する風習となっているのですね。

七五三の初穂料を渡すタイミング

そんな初穂料をお渡しするタイミングは、祈祷の前にお渡しするのが基本のマナーです。

七五三の初穂料は社務所でお渡しするようにしましょう。

したがって神社に着いたらすぐ初穂料が必要となるので、すぐ出せるようなところに入れておくようにしておきましょう。

【スポンサードリンク】

のし袋は初穂料のマナー

初穂料は、封筒に入れておさめます。

のしはついてなくても構いませんが、水切り紅白のついた蝶結びのものにしましょう。

またたまにやってしまう方もいるのですが、茶封筒などで初穂料をおさめることは絶対に避けましょう。

封筒の上部には「初穂料」・または「御初穂料」と書いておき、水切りの下(下部)には、祈祷を受けるお子様のフルネームを書きましょう。

また兄弟で祈祷を受ける場合は、連名で構いません。

初穂料の金額およびそのほかの決まりやマナー

初穂料の金額の相場は、基本的には5000円~10000円となります

祈祷を受ける神社によっては金額が決まっているので、祈祷についての確認や予約をするときに金額も確認するようにしましょう。

また、祈祷をしてもらうために現地へ来てもらう場合は、車代を初穂料に添えて包んでおきましょう。

ちなみに車代は、3000円程度が相場となります

封筒の中に入れるお金は新札でなくても構いませんが、お祝いごとの際に神様にお渡しするお金なので、できる限りきれいなお札を入れるように心掛けてくださいね(^^)/

またお札は向きをそろえて入れるようにしましょう。

◇参考動画:一関市地域の七五三について「七五三の初穂料について教えてください。」すがわら貸衣裳店

七五三の初穂料 まとめ

ここで、『七五三の初穂料』について改めてまとめていきますね!

1.初穂料をお渡しするのは祈祷の前

七五三の初穂料は、社務所でお渡しするようにしましょう。

2.のし袋をしっかりと用意すること

のしはついていなくても構いませんが、水切りは紅白のついた蝶結びのものにしましょう。

茶封筒などに初穂料を入れるのは絶対に避けましょう。

3.初穂料の金額は5000円~10000円

祈祷を受ける神社によっては金額が決められているので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

また、祈祷をしてもらうために現地へ来てもらう場合は、車代として3000円は別に添えるようにしましょう。

4.初穂料に入れるお札は、できる限りきれいなものにする

初穂料のお札は新札にする必要はありませんが、お祝いごとの際に神様にお渡しするお金なので、お札は出来る限り汚れのないものにしておきましょう。

また、お札は向きをそろえて入れるようにしましょう。

いかがでしたか?

初穂料に関してのマナーはいろいろと覚えておかなくてはいけないことがたくさんありますが、初めて七五三を経験する親御さんは慌ててしまう事もあるかと思いますが、焦らず落ち着いて七五三の初穂料を準備するようにしましょうね(^^

また初穂料だけでなく七五三に関してはほかにも衣服や写真など、準備することが何かと多いです(*_*)

夫婦で仲良く協力し合ってお子様の祈祷の準備を行うようにしていきましょう。

そして、くれぐれも初穂料を渡しそびれるということがないように注意していきましょう。

今回は七五三の初穂料について神社に渡すタイミングはいつが良いのかなどご紹介してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ