開封済みペットボトルのお茶はいつまで飲んで大丈夫なの?賞味期限の目安とは?

【スポンサードリンク】

普段の生活で手に取る機会が多いペットボトルのお茶。

今まで何も考えずに喉が渇いたらペットボトルのお茶を口飲みしていましたが、何気なしにペットボトルのキャップを見ていたら賞味期限が目につきました。

開封前の賞味期限は記載があるので当然分かるのですが、果たして開封済みのペットボトルのお茶はいつまで飲んでも大丈夫なのでしょうか?

ペットボトルのお茶を一気に飲みほすことってあまりありませんよね。

スポーツをした後とかなら一気に飲みほす事もありますが、ほとんどの場合はキャップをして次に飲む時の為に冷蔵庫に入れるか手の届く場所に置きますよね。

みなさんもこのような事はありませんかでしょうか?
500ミリリットルのペットボトルなら遅くてもその日の内に飲み干すけど、2リットルのペットボトルだとしばらくは冷蔵庫に保管していますよね。

今回は開封済みのペットボトルのお茶はいつまで飲んで良いのか?賞味期限の目安はあるのか?
この疑問を解消していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

賞味期限は直接・口飲みかコップに注いで飲むかで変わる?

ペットボトルのお茶を飲む時は、そのままペットボトルを口に持って行くかコップに注いで飲むかで賞味期限は変わってくるのをご存じでしょうか。

1度開封されたペットボトルの賞味期限はどれくらいの期間があるのか調べて見ましたらなんと常温だと口の中の菌がペットボトル内で増殖するので1日しか賞味期限がないのです・・・

コップに注いで飲んで冷蔵庫に保管してその賞味期限はなんとたったの2~3日だそうです・・・

やはり空気中の雑菌などの影響でそうなるのです。

ペットボトルを飲む場所によって賞味期限の違いも出てきます、いつも部屋で飲んでる訳ではないですよね、スポーツ施設だったり公園だったり様々です。

炎天下の日も有れば雨降りの時もあります、外で飲む時、コップは持ち歩いていませんからそのままペットボトルを口にしますから、外で飲む時は出来るだけ数時間で飲みほしたほうが美味しく頂けるし安心です。

2リットルのペットボトルだと4~5日は冷蔵庫に保管していますよね、ただしあくまでも賞味期限は目安ですから、過ぎたからと言ってもすぐに腐ってしまう訳でもありません。

美味しく頂ける期間が賞味期限の定義ですから注意して飲めば大丈夫でしょう(^^♪

炭酸飲料のちょっとした豆知識

ペットボトルの炭酸飲料は開封したては炭酸が効いてて冷たくて美味しいのですが炭酸が抜けて来ると一気に美味しくない(*_*)と思う事がありがちですよね。。

そんな事は炭酸水はキャップをしっかり閉めて倒れないように逆さまにして保管してみてください。

炭酸が抜けにくくなり美味しく飲める時間が長くなります☆

賞味期限に関する日本と海外の違い

いろいろ調べて見ると海外の賞味期限が日本とは違うのが分かりました。

ドイツやノルウェーでは口をつけたペットボトルを数週間かばんの中に入れ忘れて放置していても平気で飲むそうです。

ドイツの専門家やノルウェーの公衆衛生研究所の水質部長は大丈夫と言っているそうです。

その理由には、日本の水と外国の水の水質基準値が違う事が関係してくるようです。

日本の水は軟水ですがドイツの水は硬水です。

カルシウムやマグネシウムなどの鉱物が入っている分量の少ないのが軟水で多く含まれているのが硬水です。

カルシウムとマグネシウムが多く含まれている分だけ硬水は長持ちするのでドイツのペットボトルの飲み物は数週間も忘れていても飲めると言う事です。

当然ながら日本に住んでいるみなさんは絶対にマネはしないで下さい(^^;

最後に

いかがでしたか?今回はペットボトルのお茶の賞味期限についてお話ししましたが結論としては開封済みの場合はなるべく早めに消費した方が良さそうです。

あくまで美味しくいただける期間が賞味期限の定義なので神経質になり過ぎる必要は無いですがあなたの自宅の冷蔵庫に入っているその飲み物を少し気にして見るのも必要かもしれません。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもお役に立てなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ