七五三の初穂料って相場はいくら?ふたり分だと違いはあるの?

【スポンサードリンク】

お子さんの成長をお祝いする代表的な日本に古くから伝わる行事として有名なのが「七五三」ですよね。

七五三はお子さんの成長の中で何度かあることですが、意外と『分からないことがたくさんある・・・』という方も多く、特に家計にも関わる「初穂料」に関しては気になる方も多いのではないでしょうか?

「初穂料の相場はいくらなのか?」またイレギュラーなケースとして「二人で祈祷をお願いする場合は金額は変わるのか?」など疑問な点も多いのではないかと思います(^^;

そこで今回は人に聞きたいけどなかなか話題に挙げにくい部分もある「初穂料」の相場を簡単にご紹介できればと思います。

お子さんの記念になる大切なイベントである七五三ですので、不安な気持ちを払拭してぜひ楽しいお祝いにしてくださいね♪

それでは最後までお付き合いください!

七五三の初穂料の相場はいくら?

七五三の際に、神社に納めるのが「初穂料(はつほりょう)」です。

それでは初穂料とは、本来どういうこと意味なのでしょうか?

「初穂」とは、その年に初めて収穫された農作物のことを意味しており、昔から日本では神さまに祈りを捧げる儀式の時にお供え物として農作物(魚などのこともあるそうです)を奉納してきました。

今では神社で祈祷やお祓いなどをしていただく際にこの「初穂」の代わりとして金銭を納めるようになりこれが「初穂料」と呼ばれています。

地域や神社により異なりますが、一般的に七五三の初穂料の相場金額【5,000円〜10,000円】と言われています(多い分には問題ないそうです)。

お宮参りする神社にあらかじめ問い合わせをしておくと、快く答えていただけますのでお時間のある方は事前に前もって問い合わせをしておくことをおすすめします。

まさに百聞は一見にしかずですね(^^♪

ですが、問い合わせをした時に「お気持ちで結構ですよ」と返答してくる神社もあります。

その時は一般的な相場金額といわれている【5,000円〜10,000円】の中からムリのない範囲で包むのが良いと思います。

また、ご両親や親戚の方が近くにお住まいの方は、伺ってみるのも安心材料になる思いますよ!

七五三の初穂料はふたり分だといくら?

ここまでは一般的な七五三の初穂料の相場をお伝えさせていただきましたが、こちらではその他の例として「兄弟で一緒にお宮参りをする場合」「双子の場合」についてご紹介しておきます。

結婚式の夫婦のご祝儀のように「2人一緒だから◯◯円で良いかしら?」「家計のことを考えて、まとめて◯◯円にしよう!」と思われる方もいらっしゃると思いますが、実はそれは間違いなのです。

七五三とは子どもの成長と幸せを願って神社にお祓い祈祷いただくもので、「一人ひとり」に対して行うものとされています。

ですので、【5,000円〜10,000円】 × 【◯人分】の初穂料を用意する必要がありますので、ご注意ください。

また、初穂料を包む袋についても「一人ひとり」と考えると、連名ではなくそれぞれで用意するのが良いとされていますが最近では神社によっては「連名でも良いですよ。」とおっしゃる場合もあるそうですので、心配な方はこちらも事前に問い合わせをしておくと良いと思います。

せっかくのお子さんの成長のお祝いですので、不安材料は事前に解決して当日はお子さんともども楽しんで下さいね☆

【スポンサードリンク】

七五三とは男の子・女の子・どちらが何歳とかあるの?

お金にまつわる話をご紹介してきましたが、もうひとつ知っておいて損のない七五三の情報についてご紹介していきますね!

「七五三というから、3才、5才、7才とそれぞれで3回お祝いすれば良いんでしょ?」と思われていらっしゃる方もいるかと思いますが、昔からの慣習としては、男の子は3才と5才・女の子は3才と7才と言われているんです。

それぞれの年齢ごとに儀式の名称も意図も異なっています。

●【3才(男の子、女の子)】 ▶ 髪置きの儀(昔は、男女関係なく丸坊主だっったのですが、3才を機に髪を伸ばし始めるため)

●【5才(男の子)】 ▶ 袴着の儀(はじめて袴を身につけてお祝いをする)

●【7才(女の子)】 ▶ 帯解の儀(紐付きタイプの着物から、帯をしめて着物を着用するように)

ちょっとした意味を知った上でお祝いするのも楽しいかもしれませんね!

また、「満年齢」ではなく、あくまで「数え年」ですのでお間違いようにして下さいね。

今回は七五三の初穂料の相場に関してご紹介してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ