バレンタインの告白で成功するセリフとは?中高生向けのフレーズをご紹介!

【スポンサードリンク】

バレンタインは女の子から男の子に告白ができる日ですね。

中高生なら卒業を前に彼氏になって欲しいから勇気を出して告白したい!と考えている人もいるのではないでしょうか?

失敗したら落ち込むし、気まずい・・・そんな気持ちと闘いながらせっかく告白するなら成功させたい!

そんなあなたにおすすめの告白フレーズをご紹介します。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

告白するなら直球?それとも変化球?

バレンタインは女の子がチョコレートを渡して告白をする日、というのはもうすっかりメジャーな行事ですね。

だから当日呼び出されたら男の子は「告白されるんだ!」という気持ちになっています。

受け止めてくれると信じて、ここは逃げないでしっかり告白しちゃいましょう。

でも告白するときには、どういえば男の子の心に響くのでしょうか?

勇気を出したのに沈黙が広がったり、返事がもらえなかったりしたらショックですよね。

告白の仕方としては、直球で気持ちを伝える方法、そしてちょっとひねった変化球で伝える方法があります。

いくつかご紹介しましょう。

直球で伝える

◇好きです!私と付き合ってください!

◇○○くんのこともっと知りたいです、付き合ってもらえませんか?

変化球・ちょっと遠回し、ひねった言葉で伝える

◇私、好きな人がいます。その人は私の目の前にいます!

◇これ、義理チョコじゃないからね?

◇返事はホワイトデーに聞かせてくれる?

直球の告白は、口にするまでものすごく勇気がいるので、なかなか言い出せないという状況になりがちです。

相手が義理チョコと勘違いしている場合、すぐに伝えないと勘違いされたまま…ということにもなりかねません。

直球の告白は恥ずかしくてできない!というときには変化球の告白がおすすめ。

ただしこちらの場合、鈍感な相手の場合はちゃんと伝わっていない可能性もあります。

チョコレートにも手紙を入れて、「好き」を念押しするのもおすすめです。

告白するときに注意したい事って?

中高生は告白にまだ慣れていない子がほとんどです。

そして呼び出されたりしたことで、あとで友達に冷やかされたりすることもあります。

告白するときに注意したい事としては、

○告白するときは手短に

○逆に短すぎる告白は伝わらない可能性が大

○曖昧な告白はしない

○付き合ってください、彼氏になってください、とどうしたいのかを伝える

○ふざけた雰囲気の告白はしない

があります。

特に中高生は友達付き合いをしている間柄だったりすると、その雰囲気を壊したくなくてふざけた口調で告白をしてしまいがち。

でもそれはNGです!

バレンタインで呼び出されたという時点で、告白することはもう確定となっています。

恥ずかしい、緊張するのはもちろん当たり前です。

だからといっていつまでも引き留めると、うまくいったかもしれない告白が残念な結果になりかねません。。

今のあなたの精一杯の告白を、心をこめて伝えることが何よりも大切です。

真剣な気持ちだからこそ、相手に伝わると心得ましょう!

【スポンサードリンク】

注意したい!こんなセリフはNG!

では、告白の際にこれだけはいわない方がいい!というセリフをご紹介します。

○私のことどう思ってる?

○返事を今すぐ聞かせて!

○あなたのことが気になるの!

それほど日頃から接点のない相手に告白されて、さらに答えを迫られると、告白に慣れていない男子はその時点で気持ちが逃げ出してしまいます。

また「気になる」という曖昧な言い方も、相手にはちゃんと伝わらない可能性があります。

日頃仲がよくて、相手もこちらの気持ちに気がついている…という場合なら、女子が強気の告白をするのもありですが、義理チョコと勘違いされそうな関係だったり、あいさつ程度の顔見知り、という間柄なら気持ちを伝えて、答えは相手にゆだねる、また返事はホワイトデーなどのイベントで、と相手にも考えてもらう時間を持ってもらうことが大切です。

バレンタインデーでは、まず自分の気持ちと、どうしたいのかを伝えることを最優先しましょう。

勇気を出して、しっかり自分の想い伝えてくださいね!

今回はバレンタインの告白で成功するセリフに関して中高生向けのフレーズを解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ