軽いぎっくり腰は何日で治るのか解説!

【スポンサードリンク】

あなたはぎっくり腰になったことがありますか?

いきなり何の前触れもなくぎっくり腰になる場合や、重いものを持ったときなど思い当たる節のある時に起こる事もあるでしょう。

ぎっくり腰になった場合、一般的に治るのに何日くらいかかるのでしょうか?

もちろん、軽いもの、重いものと症状は様々ですよね。

今回は誰でも起こり得る軽いぎっくり腰は何日くらいで治るものなのか、ピンポイントで解説していきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

軽いぎっくり腰は治るのに何日くらいかかるのか?

ぎっくり腰になってしまったら、どんなに軽いと言われる症状でも生活に支障をきたしてしまうものですよね。

本当に軽いものなら2~3日で症状は改善するようですが、むやみに動き回らず安静にしていることが改善には大前提となります。

ぎっくり腰になったからといって慌てて病院に行ったり、痛みをこらえながら無理な体制で移動したりすると治るものも治らなくなってしまいますよ。

一番良いのは自分の楽な体制をキープして安静にしている事だそうです。

今すぐ治したいから病院へ!この行動がぎっくり腰の治る速度を遅くしているのかもしれませんよ?

軽いぎっくり腰を早めに治すためにはまずアイシング

ぎっくり腰になってしまったら早めのアイシングが有効なようです。

ぎっくり腰の痛みは筋肉の炎症から起こる事が多いようなので、その炎症をおこしてしまっている患部をアイシングして冷やすことで痛みの緩和が行えるようです。

痛みというと体を温める事で緩和しそうな気もしますが、ぎっくり腰の場合は体を温めてしまうと症状や痛みは悪化してしまいます。

痛みのひどい時の入浴は避けるようにしましょう。

なるべくならシャワーも控え患部を冷やして炎症を抑える事が大切です。

アイシングして血流をコントロールする事で痛みが引いていくと思います。

【スポンサードリンク】

軽いぎっくり腰・痛みが治まったらストレッチ

痛みが治まってきたら軽いストレッチをすることをおすすめします。

痛みを感じるほど伸ばす必要はありません。

あくまで気持ちいと感じる程度でいいのですので腰のストレッチを行うようにしましょう。

ぎっくり腰を早く治したい時一番大切なのは安静ですので、少しでも傷みが出てきた場合にはストレッチはすぐに中止しゆっくり休むことを心がけて下さいね。

ぎっくり腰ってどうしてなるの?

ぎっくり腰と言うと、重いものを持ったときにグキっとというイメージがあるかもしれませんが、実はそうではありません。

ぎっくり腰はあまり動かないとか、食べ過ぎ、長時間同じ格好でいるというのも原因だそうです。

つまり腰への長期的な負担が原因となっていることが多いのです。

何というか、意外ですね。

動かな過ぎて腰に負担がかかる事からぎっくり腰になりやすくなるなんて。

でもそんな下地がありながらの重い荷物を持ってグキ!なのかもしれませんね。

といった側面からも、ぎっくり腰にならないように適度な運動を行う、なってしまったら安静に、というのが一番なのかもしれませんね。

まとめ

ぎっくり腰はを早く治したいなら無理をせずに安静にしておきましょう。

患部は炎症を起こしていますので温めたり、動いたりするのは厳禁です。

ぎっくり腰を早く治したいなら、じたばたするのはやめてじっと痛みが治まるのを待ちましょう。

痛みが無くなってきたらごく軽いストレッチを行い腰の調整をすることで随分と症状は改善するはずです。

これを守れば軽いぎっくり腰なら早くて2日、長くても4日くらいで症状は改善するのではないでしょうか?

もちろん軽い、というのは痛みの感じ方で実は結構深刻だったなんてこともありますので、なかなか症状が改善されない場合は専門の医療機関へ相談して下さいね。

今回は軽いぎっくり腰は何日で治るのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ