すいませんとすみませんの違いを解説!謝り方はどっちが正しい?

【スポンサードリンク】

日常生活やビジネスシーンで相手に迷惑を掛けてしまい謝罪をする時に『すいません』『すみません』という言葉を使う事があると思います。

この『すいません』と『すみません』二つの言葉はそれぞれ同じ意味の言葉なはずなのになぜ似たような言葉で二つ存在するのか疑問に思ったことはないでしょうか?

そして実はどちらを使うのが正解なのかやどのようなシチュエーションで使うのが正しいのか、正確理解している人は少ないと思います。

そこで今回は謝罪する時の『すいません』と『すみません』どちらが正しいのか解説していきたいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

すいませんとすみませんの違いとは?

まずはじめに『すいません』と『すみません』に違いはあるのか?確認していきたいと思います。

謝罪するときの使用方法として『すいません』も『すみません』もどちらを使っても間違いではありませんが『すいません』は『すみません』の口語として定着したものです。

『すみません』の語源「済む」の否定形「済まぬ」からきています。

「このままでは気持ちがおさまらない」という意味で使われていたのが謝罪やお礼の言葉に使われ始めたそうです。

例を挙げてみると、何かを失敗した時には、自分の失敗を取り返せていないことや、誰かに迷惑をかけてしまっているのに何も返せていない・・・

つまり相手は『済んでいない、気持ちがおさまらない』ということになるのです。

誰かに何かを頼まれて忘れた場合でも頼みごとが「済んでいない」つまり、『すみません。』となるわけです。

ちなみに、英語の「エクスキューズ・ミー」も「許してください」という意味です。

日本語でも人を呼び止める際にも「すみません」を使いますが、どちらも語源は同じです。

『すいません』は、その口語ではありますが、それだけでなくニュアンスを和らげたりする意味や効果もあります。

ですので、逆に目上の人に使うと失礼にあたる事もありますので、使い方や場面に注意が必要です。

【スポンサードリンク】

謝る時にはどちらが正しい?

日本語として標準とされているのは『すみません』です。

会社でのビジネスシーンの場合、報告書などに『すいませんでした』と記載してくる新入社員もいますが、これは完全に誤った使い方となります。

新入社員で、書き言葉と話し言葉の違いがまだうまく理解できていないと考えれば訂正して終われる内容ですが、入社して数年たった社会人が『すいませんでした』と記載してきたらとても恥ずかしいですね(-_-;)

言葉遣いに厳しい上司の方であれば怒られてしまうケースかもしれません。。

報告書など正式な書類であれば『すみませんでした』と記載する時点で間違っていて、謝罪するのであれば『申し訳ありませんでした』と丁寧に記載することが大切ですね!

会話上であれば、すいませんとすみません、どちらを使っても問題ないですので使うシーンや相手を考慮した上で使用して下さいね。

口頭で謝罪する時に、『すいません』と『すみません』を使って失礼にあたるケースは少ないですが、手紙等の場合ではすみませんが正しいでしょう。

すいませんと書いてしまうと、どうしても少し軽く感じてしまうので気を付けてください。

すいませんを使う時は、気心知れたプライベートの仲や友人関係との会話のみで使用した方が無難かもしれませんね(^^;

まとめ

会話ではどちらを利用してもいいですが、文書にするときは『すみません』を使用しましょう。

会社の報告書等の、上司に見せるような大切な文書、もしくは取引先などに送るメール等にはどちらも使用せずに必ず、『申し訳ございませんでした』や『大変失礼致しました』を使うようにしましょう。

今回はすいませんとすみませんの違いと謝り方はどっちが正しいのかに関してご紹介してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ