スマホのバッテリーを長持ちさせるコツとは?減りが早いとお悩みの方必見!

【スポンサードリンク】

スマートフォンを持っていないという方は、現在、少なくなってきていると思います。

スマホはとても高性能なので、プライベートはもちろん、ビジネスの場でも、幅広く使われています。

とても便利で今や私たちの生活に欠かせないツールとなっているスマホですが弱点もあります。

それは・・・「バッテリーが長持ちしない」「減りが早い」ということです。

お持ちの機種に不満を感じたりお悩みの方も多いのではないでしょうか?

スマホはバッテリー式で、電源は有限です。

例えば通勤の暇な時間に、動画をみたり、ゲームをしたりしていると当然、バッテリーの減りが早くなってきます。

減りが早くなると、バッテリーを交換しなければならなくなったり、最悪、機種変更しなければならなくなります。

実は何気ない設定の変更や、気を配る事で、スマホのバッテリーを長持ちさせるコツがあるのです。

今回は、スマホのバッテリーを少しでも長持ちさせるコツをご紹介していきたいと思います。

バッテリーの減りが早いのはなぜ?

スマホは持ち歩けるパソコンと言っても過言ではないほど、高性能になってきました。

それがゆえに、できる事が大幅に増え、使用する時間が長くなってしまったのもバッテリーの減りが早いと感じる原因の一つかと思います。

後は、インターネットもパソコンとほぼ同等にできてしまうので、容量の大きい動画やファイルを落としたり、長い時間ネットサーフィンをしていると、どんどんバッテリーを消費していきます。

他には、画面の明るさや、高音質で音楽を聴けるようになったので、その分、消費も早いのです。

これらが当てはまらないようなら、バッテリーが寿命になってる可能性が高いので、交換をオススメします。

【スポンサードリンク】

バッテリーを長持ちさせるにはなにをしたらいいか

手っ取り早く言えば、余計な機能を設定から、オフにしてしまう事です。

例えば、Wi-FiやBluetoothを使わない人はオフにすること、オンにしていると電波を探して、頻繁に通信を行っているので、電池の無駄遣いになってしまいます。

後は、一番わかりやすいところで、画面の輝度でしょうか、この輝度が高ければ高いほど、電池の減りは当然、早くなってしまいます。ましてや、明るすぎると、逆に目に毒になってしまうので適度な設定にするといいでしょう。

他にも、バックグラウンドで起動しているアプリをこまめに消してしまうことも大切です。

バックグラウンド上でもそのアプリを維持するために電力を使いますし、一部のアプリではバックグラウンドやスリープ状態でも通信を行ってしまうアプリもありますので、気が付いた時にでも消すように心掛けてください。

バッテリーそのものの寿命を短くしてしまう使い方

これは本当に注意していただきたいのですが、使い方によって、バッテリーそのものの寿命を短くしてしまうものがあります。

恐らくほとんどの方が多分、やってしまっていると思います。

一つ目は、充電しながらスマホを使用することです。充電をし始めると、どうしても熱が発生してしまいます。

実はスマホのバッテリーは「リチウムイオン」を採用しているのがほとんどです。

このリチウムイオンと言うのは熱に弱いので、充電で熱くなってしまったところに、さらに動画やゲームをして、熱を上げてしまうのは自殺行為なのです。

夏場の熱い時にやってしまったら、特にダメージがでかいので、気を付けましょう。

二つ目は、夜寝るときに充電してしまう事。

確かに、使わないときにフル充電しておけば、次の日、効率よく使用できるので、やってしまいがちですが、バッテリーは充電回数が少なければ少ないほど、充電時間が短ければ短いほど長持ちするのです。

できれば50%未満から充電して、フルになったらなるべく早く充電器から抜くことをおすすめします。

ですが、あまりも気にしすぎて、「スマホ」より「人」が病んでしまっては元も子もないので、自分のできる範囲でやれるようにしましょう。

以下の動画では『Phoneの電池の減りが早いと感じる人に是非試してみてほしい消費電力を抑える設定を10個の方法』ついて語られていますので参考にしてみて下さいね!

動画:iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法 – 消費電力を抑える設定10選

まとめ

一番頻繁に使用する機器だからこそ、少しの問題でも気になってしまいますよね。

なんでもそうですが、大切に使ってあげれば、その分長持ちします。バッテリーも安いものではないので、「自分のできる範囲」で改善してみたらいかがでしょうか。

今回はスマホのバッテリーを長持ちさせるコツについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ