春菊の栄養と効能を解説!おすすめの食べ方を紹介!

【スポンサードリンク】

春菊といえば冬のお鍋の定番食材として有名ですが、具体的にどんな栄養素を含み効果・効能があるのかについて知らずに食べている方も意外と多いのではないでしょうか?

今回こちらでは春菊の栄養と効果・効能について解説すると共に、おすすめの食べ方について紹介していきたいと思います。

最後までどうぞお付き合いください。

春菊の歴史や栄養素について

春菊=日本のイメージが強いと思いますが、実は原産地は地中海沿岸地域でポルトガルやトルコでは食用ではなく苦味が強いことから観賞用の植物として親しまれてきました。

1000年代前後になるとアジアでも栽培が行われるようになりましたが、いま現在でも食用として取り扱いがあるのはアジア方面だけと言われています。

そして春菊の気になる栄養素についてですがβカロテン・ビタミンC・E・K・ビタミンB群・鉄分・栄養素・カルシウム・葉酸・カリウム・食物繊維と様々な栄養素を豊富に含んでおります。

各栄養素の効果については下記にて具体的にチェックしていきましょう!

春菊の栄養素の効果・効能は?

春菊の栄養素には数多くの効果・効能があります。

薬草のような植物となりますので是非定期的に食事メニューに取り入れていきたいものですね!

<βカロテンの効果>

◎シミ・ソバカスの予防・改善

◎美肌・美白効果

◎動脈硬化・心筋梗塞の予防

◎抗がん作用

<ビタミンCの効果>

◎風邪予防

◎美肌・美白効果

◎免疫力UP

<ビタミンEの効果>

◎アンチエイジング

◎動脈硬化や生活習慣病の予防

<ビタミンKの効果>

◎血液の凝固作用

◎骨粗鬆症の予防

<クロロフィル(春菊の色素)の効果>

◎貧血予防

◎デトックス効果

◎整腸作用

<ペリルアルデヒド(春菊の香味成分)の効果>

◎食中毒予防

◎胃液の分泌促進

◎下痢・腹痛の緩和

【スポンサードリンク】

春菊の美味しい・おすすめの食べ方を徹底伝授

春菊の食べ方としてはお浸しや胡麻和え等が一般的かと思いますが、カリカリのベーコンや温泉卵と一緒にシーザーサラダ風にアレンジする等して食べても美味しく食べれます。

その際はできるだけギザギザの少ない柔らかい部分を選び、軽くお湯をかけた後冷水にさらして食べると良いでしょう。

春菊に含まれるβカロテンは生の状態で食べるよりも加熱する方がより効果が高まりますので最も理想的なのは鍋料理や野菜スープ等の食事メニューです。

調理の際は栄養素の損失を防ぐべく、極力加熱する時間は短く抑えることをおすすめ致します。(あくも少ない植物なので鍋を食べる際は食前にいれる形でOK)

最後に

今回は春菊の栄養と効能に関する情報詳細を始め、おすすめの食べ方について解説させて頂きました!

春菊は独特な香りや苦味があることから、苦手とする方もいらっしゃるかと思いますが市販の健康サプリメント顔負けの素晴らしい効果・効能を秘めたスーパー植物といっても過言ではありません。

是非健康的なライフスタイルを送るためにも積極的に食事メニューに取り入れてみてはいかがでしょうか?

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ