内定あるのに留年してしまった場合の謝罪方法とは?入社を待ってくれるケースはあるのかも解説!

【スポンサードリンク】

就職活動を頑張り、ようやく内定を勝ち取ったのにまさかの卒業単位不足で留年というのは最悪の事態ですね。

就職活動に集中してしまうあまり、大学の勉強は授業への出席はギリギリでも大丈夫だろう、と高をくくっていると痛い思いをすることになります。

もし留年が決まってしまった場合、どのように内定した企業に謝罪すればいいのでしょうか、また入社を待ってくれることはあるのでしょうか。

その疑問を解決すべく情報をまとめました!

ぜひ最後までお付き合い下さい!

留年が決まってしまったら、まずは謝罪しよう

就職活動に打ち込むあまり、単位が足りなくて留年が決まってしまった…そんな笑えない話は、実は少なくありません。

しかしせっかく内定をもらえたのに…と嘆く前にするべきことをしなければなりません。

内定が決まっている企業に連絡をすることです。

電話や手紙、メールという手段もありますが、今回は相手の企業に損害を与えることになりますから、できれば直接会社に出向き、謝罪をするべきです。

留年を回避する方法は?

年度末に成績が発表され、留年が決定した後でも留年を回避する方法が全くないわけではありません。(※可能性はかなり薄いと思いますが・・・)

大学に交渉する

決定した成績に納得いかない場合は点数の見直しの申請ができる場合もあります。

担当教授と直接交渉する

まず謝罪し、留年を取り消すために別の方法がないか交渉してみましょう。

直接交渉した方が別の方法を提示してもらえる可能性は高くなります。

しかし留年の理由は出席不足や試験準備の不足などによるほぼ自己責任のものと言えます。

もし留年が決まった場合は、受け入れられない気持ちは十分に理解できますが反省し今後の人生への教訓として受け止めることも必要でしょう。

留年が決まったときに、企業と交渉する方法

内定を辞退する前に、企業にほかの条件を提示する方法があります。

方法としては、

・単位がそろうまで待ってもらう

・入社を翌年まで待ってもらう

・入社して残りの単位を取得して卒業する

・大学を中退して入社する

内定を辞退、取り消しして欲しくない、何としても御社で仕事をしたい、という熱意を持ってお願いしてみましょう。

企業からしてもどうしても採りたい人材であると判断してくれれば、待ってくれるといった対応をしてくれるかもしれません。

また単位修得にかかる時間についても、具体的に提示できるよう事前に大学に確認しておくことも忘れないようにしましょう。

【スポンサードリンク】

留年の取り消しができなかった、企業を説得できなかったときには

内定が決まったから留年を取り消して欲しい、また入社を待ってくれるようお願いするということは大学や企業だけでなくあなたにとっても将来的に利益になるものなのかは分かりません。

しかしあなたの将来を考え、留年の取り消しを認めてくれない教授や、会社の今後を考えて、内定を取り消す企業には、なんら責任はありません。

やるだけのことをやって、どうにもならないのであれば、そこできっぱりと諦めることも必要です。

たしかに今回の就職活動は失敗したかもしれませんが、なたにとっては得がたい経験を一つ得たことになります。

かなり大きな代償であったとは思いますが自分を変えるきっかけにするくらいの気概で次のステップに進みたいものですね!

◇参考動画:【ニコ生】内定貰ってたのに大学留年が決定した【電話相談】

就職留年を次の就職活動へ生かす

もう一度学生生活を続けることになりますが、失敗したことを踏まえ、さらに就職活動もパワーアップして取り組むことができると前向きに考えましょう。

また失敗したらどうしよう…と悩むことはありません。

前の就職活動でうまくできなかったこと、話せなかったことなどをこの機会に見直してみましょう。

また時間が足りずに今までできなかったことにも挑戦できる時間ができたことにもなります。

留年をマイナスではなくプラスと捉えることができれば、それを自己アピールにつなげることもできるのです。

このとき内定をもらえた企業以上のところに内定が決まる可能性もあります。

むしろ他の人より早く活動ができると思えるなら、もうあなたは成功に一歩前進できているともいえるのではないでしょうか?

今回は内定あるのに留年してしまった場合の企業への謝罪方法や取るべき行動に関して解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ