短時間の睡眠でも熟睡できて疲労回復!簡単に実践できる方法とは?

【スポンサードリンク】

仕事や勉強が多忙な時期になるとなかなか睡眠時間を確保できなくなってしまい『日中眠くてやる気が起きない・・・』『ボーっとしてしまって頭がうまく働かない・・・』などの症状が起こりがちですよね(*_*;

忙しくてどうしても睡眠時間が短くなってしまう時でもできれば効率的な質の良い睡眠をしていきたいものですよね!

そこで今回こちらでは短時間の睡眠でもしっかりと熟睡・疲労回復できる嬉しい睡眠方法をご紹介していきます。

手間もそんなにかからず意外と簡単に実践できる方法となりますので『どうしても短時間しか時間が確保できない』という場合には是非ご利用いただけたらと思います。

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

熟睡するための下準備をすること

それではまず熟睡するために必要な下準備がいくつかありますのでご紹介しますね!

短時間睡眠でもしっかり熟睡し、疲労回復するためにはこれからご紹介することを可能な限り意識していきましょう(^^)/

短時間睡眠を行う上では健康を損なわないように睡眠の質を上げて睡眠時間を確保しなければいけません!

熟睡するための下準備を実践することで就寝直後3時間後に現れる最も深い睡眠(ノンレム睡眠と呼びます)をしっかりとることができますのでたとえ短時間睡眠だとしても心身ともに疲労回復することができますよ♪

熟睡するための具体的な下準備
  • 晩ご飯は少なめで、しっかり噛んで食べる
  • 就寝前にぬるめのお湯に20分間半身浴する
  • α波等を用いたリラクゼーションミュージックを聴く
  • 就寝1時間程前からあたたかみのある間接照明に切り替える
  • カモミール等のリラックス効果のあるハーブティーを飲む
  • 寝る3〜4時間前には食事をしない
  • カフェインの入った飲み物は夕方以降飲まない
  • 音が気になる場合、耳栓をして寝る
  • スマートフォンやTVは就寝1時間前になったら見ない
  • アルコールを寝る前に飲まない

これらの10項目の下準備をその日によって実践できるものはなるべく意識して取り組むことで『体・心・脳』ともにリラックス効果を与え、しっかりと熟睡することが可能です。

ぜひ日々の生活の中で参考にしてみて下さいね!

またこちらの動画では就寝前に聴きたいあなたを熟睡モードに導いてくれる安らぎのBGMをご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:寝る前に聴く曲【α波】で本当に疲れが取れる熟睡モードへ!安らぎのリラックスBGM

【スポンサードリンク】

熟睡できるベストな環境作りを!

人間が熟睡しやすい寝室環境の要素としては『温度・湿度・音・光』この4つが挙げられます。

こちらに関する正しい基礎知識を身につけておくことで睡眠の質をよりUPし、短時間でも深く熟睡することができるんです!

最適な湿度は50パーセント前後、室温に関しては夏場26度前後冬場18〜23度程が最適な温度とされていまのでエアコンや扇風機などで室温を調整してみると良いでしょう。

就寝後、最低でも1〜2時間の間はこの室温をキープしておくことが大切ですのでタイマーの設定も忘れないようにしましょうね!

続いて音・光に関しては良質な睡眠を遮断してしまう大きな要因の一つとなりますので、ご自宅の環境によって『騒音や繁華街のライト』が気になる場合もあるかもしれません・・・そんな時にはアイマスク・耳栓等のアイテムを活用すると良いですね(^^

また、ベッドやお布団・枕等もご自身に1番合ったものを使用していくよう心がけましょう。

身体に合っていない寝具を利用しているとあまり熟睡できないことはもちろん、頭痛・肩こり・腰痛といった症状を引き起こす原因にもつながってしまいます。

できればベッド・枕等を選ぶ際は専門スタッフの方に1度相談しながらご自身の身体に合った物の購入を検討していくと良いですね。

まとめ

今回は短時間でもしっかりと熟睡し、疲労回復効果の高い睡眠方法についてまとめてみました。

短時間睡眠はどうしても長く睡眠がとれない短い期間であればOKですが、慣れていない方が長期間実践してしまうと体調を崩す危険性もありますので極力多忙なシーズンのみに行い、普段は7〜8時間以上たっぷりと睡眠時間を確保していくことをおすすめします(^^♪

『普段忙しいしなかなか熟睡できずに困っている』という方は是非この記事を参考にしていただければ幸いです!

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ