短時間で熟睡する簡単な方法とは?疲労を確実に取りたい方必見!

【スポンサードリンク】

年末になると仕事のスケジュールや試験勉強などもハードになり、なかなか睡眠時間を確保できていないという方も多いのではないでしょうか?

「短時間しか寝れない・・」「あと数時間で起きなければ!」と考えれば考える程うまく熟睡できないものですよね。。(-_-;)

しかし、当然ながら睡眠こそ最大の疲労回復法の一つです。

効率良く深い睡眠をして日々健康に仕事や勉強を頑張りたいところですよね?

そこで今回は短時間で簡単に熟睡する方法について解説させていただきます。

最後までどうぞお付き合いください!

短時間で睡眠でも疲労感はとれる?

睡眠にはレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)の2種類あり、これらは90分サイクルで交互に繰り返されています。

そのため、4.5時間・6時間・7.5時間と90分サイクルに合わせた睡眠時間を確保することで、より熟睡&疲労回復効果を得ることができます。

90分サイクルに合わせるならば3時間睡眠でも良いのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが実は眠ってから3時間の間がもっとも深く熟睡することができ、その後3時間〜5時間の間に再び深い眠りに入ります。

よって2度深い眠りに入ることができる4.5時間という睡眠時間の方が短時間睡眠の中でも最も効率よく疲労回復効果が高いとされているんです!

ただ、あまり長期間短時間睡眠を続けていると体調を崩す恐れもありますのでこの睡眠法は多忙シーズンのみ活用していただくことをおすすめ致します。

【スポンサードリンク】

短時間で簡単に熟睡する方法とは

ここでは短時間で簡単に熟睡する方法をご紹介していきますね!

①寝る2時間前にはスマホorパソコンを見ないこと

スマホやパソコンの画面から発するブルーライトを浴びることで脳が朝だと勘違いしてしまい、せっかく眠気があったとしても本能的に脳が目覚めてしまいます。

また、Twitterやメール・LINEなどの情報が様々入ってくることで脳は活発化してしまいますので寝る2時間前にはスマホやパソコンを控えることを心がけましょう。

②アイマスクを着用して完全に光をシャットダウン!

寝室の電気を消し、部屋を真っ暗にすることで熟睡するために必要なメラトニンという物質を分泌することができます。

ただ、繁華街の中に住んでいたりするとどうしても窓から光が漏れてくる可能性もありますのでより効果を上げるためにもアイマスクなどを合わせて活用していくと良いでしょう。

③寝る前にお風呂に浸かる

人は夜、寝る時間帯が近づくことで徐々に体温が下がる性質をもちます。

なぜ体温が下がるかというと日中使い続けた脳・臓器を少しでも休ませるべく深部体温を下げて疲労回復へとつなげるためです。

このサイクルからわかるように、熟睡効果を得るためには深部体温を下げる必要性があります。

そして寝る前に入浴することで深部体温は一気に上昇しますが、その反動でお風呂上がりは徐々に下がっていきます。

この”湯冷め”が起こることで深部体温のリズムをうまくサポートすることができるため寝つきをよくし、深い熟睡効果を得ることができるのです。

まとめ

今回は短時間で熟睡できる簡単な方法について解説させていただきました。

たくさん寝れば寝るほど疲れがとれるのでは?というイメージもありますが極端に12時間以上寝てしまったり、睡眠のサイクルを意識しないまま寝てしまうことで逆に疲労感を与えてしまう可能性もあります。

熟睡するには睡眠サイクルの意識共に、寝る前の生活習慣を少し変えることが大きなポイントです。

心身の健康・改善のためにも是非当記事を参考により快適な睡眠ライフをお過ごしくださいね!

今回は短時間で熟睡する簡単な方法に関して解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ