単身赴任で住民票を移すと住宅ローン控除はどうなる?移さない場合のデメリットってあるの?

【スポンサードリンク】

会社の人事異動で地方転勤が決まり、単身赴任となった場合考えなければならないといけない事の一つが『住宅ローン控除』に関してです。

単身赴任で住民票を移す事になった場合、元の家の住宅ローン控除はどうなるのでしょうか?

はたして住民票を移さない場合はデメリットはあるのか気になりますね。

単身赴任で住民票を移す事になった場合、元の家の住宅ローン控除はどうなるのか、住民票を移さない場合のデメリットなどについて調べた結果をご紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

単身赴任で住民票を移すと住宅ローン控除はどうなる?

マイホームの契約者は自分だけど、単身赴任で住民票を移す事になった場合住宅ローン控除はどうなるのか?と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

世帯主がマイホームの契約者で単身赴任で住民票を移す事に場合でも、国内の単身赴任の場合は住宅ローン控除が受け取れる場合があります。

住宅ローン控除を受け取る為には条件があり、単身赴任する本人以外の家族が引き続き住み続けているのであれば住宅ローン控除が受けられます。

しかし、家族全員で国内転勤してしまうと、住宅ローン控除が受けられなくなってしまいますので、住宅ローン控除を引き続き受けていきたい場合は、家族にその家で生活してもらう必要があるのです。

住民票を移さない場合、住宅ローン控除に関するデメリットはあるの?

単身赴任で住民票を移さない場合、住宅ローン控除に関してデメリットが生じたりするのでしょうか?

単身赴任するご本人にとっては非常に気になるところだと思います。

単身赴任で住民票を移さない場合のデメリットとしては、運転免許証の更新やパスポート申請の時などに自宅管轄の警察署などに行く必要がある事くらいですので住宅ローン控除に関するデメリットは特にないと言えます。

世帯主が住民票を移してしまうと住宅ローン減税が受けられなくなると言う説はよく聞きますが、実際にはそんな事はない場合がほとんどです。

単身赴任する本人以外の家族が引き続き元の家に住み続けているのであれば住宅ローン控除を受ける事ができるのです。

単身赴任する事になって住民票を移す場合も移さない場合も家族が元の家に住んでいれ住宅ローン控除は受けられますが、ご心配な方は更に詳細例に関して調べてみたり専門家にご相談されてみるのも良いかと思います。

【スポンサードリンク】

単身赴任する本人は心配事だらけ

自分だけ仕事の都合で家族と離れて生活しなければならない場合、単身赴任する本人は家族やマイホームの事などの心配事がとても多いと思います。

しかし、以下の事は一切心配する必要はないと覚えておくと気持ちが楽になると思います。

●子供の学校や幼稚園、習い事
●実家の都合
●持ち家の住宅ローン控除
●配偶者の仕事の都合

この4項目は単身赴任する本人はかなり心配になると思いますが持ち家に今まで通り家族が生活していくのであれば何も心配がいらない事だと覚えておいてくださいね。

まとめ

単身赴任する本人は自分が持ち家からいなくなったらと様々な事が心配になると思いますが国内に一人で単身赴任する場合は何も心配はいらないと言う事が分かりました。

世帯主が不在だからと言って住宅ローン控除が受けられなくなると言うのはあくまで噂ですのでどうしても心配、と言う方は自分で納得できるまで調べてみると安心して単身赴任する事ができるのではないでしょうか?

自分だけが赴任するのは嫌だから家族と一緒にとなりますと住宅ローン控除が受けられなくなってしまうなどのデメリットが生じますので、単身赴任する事になった場合は家族も一緒の方がいいのかよく考えてからにした方が良いでしょう。

自分一人だけ単身赴任して、定期的に帰って来るようにすれば住宅ローン控除はそのまま受ける事ができると言う大きなメリットがありますから、できる事なら家族にはそのまま持ち家に住んでもらうようにした方がお得だと思いますよ♪

今回は単身赴任で住民票を移すと住宅ローン控除はどうなるのかと移さない場合のデメリットがあるのかついて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ