タオルを交換する頻度はどれ位が良いの?菌の繁殖にはご用心!

【スポンサードリンク】

洗面所やお風呂場に置いてあるタオルを交換する頻度って周囲の人に聞いてみると本当に人それぞれですよね!

毎日交換する人もいれば綺麗な手や体を拭いているだけだから毎日交換する必要がないので気が向いたら交換するなんて人もいらっしゃると思います。

綺麗な手を拭いたタオルはそのまま継続して使用しても綺麗なままだと思っている人が多くいます。

1週間、または1ヶ月近く同じタオルを使用する人もいるらしいですが、やはり濡れた手や体を拭き取る為のタオルなので使用するたびにタオルを湿らせることにはなります。

そして・・・タオルを湿らせてしまうことで菌が繁殖する環境は出来上がってしまいます!

ただ単純に汚いものを拭いたから雑菌が増えるという認識は間違いなのです。

ではいったい、タオルを交換する頻度はどのくらいが正しいのでしょうか?

そこで今回はタオルを交換する頻度はどれ位が良いのかについて解説していきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

タオルの交換は毎日が理想的

タオルといっても体を拭くバスタオルや汗を拭くフェイスタオルをはじめ、キッチンや洗面所やトイレに置かれている手を拭く為のタオルなど種類が多くありますよね。

汗を拭いたタオルであればほとんどの方が当然のようにその日にうちに洗濯機に入れますよね?

匂いも臭くなってしまいますし、また次の日も同じタオルを使おうという気にはなかなかなりませんよね・・・(>_<)

しかし、それ以外のタオルもできれば毎日洗濯機に入れて洗濯をして交換して使用することをおすすめします!

体を洗った後、手を洗った後に使用しているからそのタオルも綺麗なままだと思っている人はその考え方を改めた方が良いかもしれません。

実は体の老廃物だけがタオルを雑菌だらけにしているわけではありません。タオルを雑菌だらけにしてしまうその他の正体を次にお話ししていきますね!

雑菌の繁殖

冒頭でもお話しましたが、洗った体や手を拭くタオルは水分により湿ってしまいますが実はこれがタオルの雑菌を繁殖させる大きな要素となります。

少量の水分でもそれを栄養として繁殖してしまうのです・・・(>_<)

例えば『一度使ったタオルをそのまま干して乾燥させたら問題ない!』と思っている人には驚きのある研究結果をお知らせしますね!

一日使ったタオルを室内干しした場合、洗濯後の清潔なタオルの100倍の雑菌が繁殖するのです。

三日目には雑菌の量は雑巾並みになり、一週間使用し続ける雑菌の量が100億個以上に繁殖してしまうのです(*_*;

いかがでしょうか?

雑菌の繁殖は凄まじいものがありますね。しかし、『毎日交換するのが良いのは分かったけど、そんなにバスタオルの替えはたくさんないよ!』という皆さんの声が聞こえてきそうですね(^^;

忙しくてそうしても毎日交換できないという場合はタオルを室内干しではなく天日干しにするようにしましょう!

洗濯をきちんとした清潔な状態よりは劣りますが、日光消毒でだいぶ菌の繁殖を抑えることができますよ♪

健康のためにもタオルは毎日交換!

雑菌がたくさん付着してしまっているタオルを顔や身体中に塗りたくっていることを想像してみてください。。

これであなたの健康を害さないわけがありませんよね?

これが習慣化してしまうとアトピーやアレルギー・ニキビなどの皮膚トラブルの元にもなります。

自分では綺麗だと思っていたタオルで顔を拭くことで結膜炎を引き起こしたり、鼻炎を患ったり、気管支炎になったりなんてことも考えられます!

お子さんがいる家庭では、免疫力の弱いお子さんを守る為にも正しい知識で毎日のタオル交換を実行して欲しいと思います(^^)/

【スポンサードリンク】

洗濯以外の消毒の仕方

一人暮らしなどで毎日の洗濯は大変だという方の為に、洗濯する以外でタオルを消毒する方法をご紹介します。

タオル一枚からでもできる方法ですのでぜひ参考にして実践してみて下さいね!

熱湯消毒

沸騰したお湯にタオルを入れて5分程度グツグツと煮立たせます。

『その後は天日干して完了!』ととてもお手軽な方法です。

沸騰したお湯にタオルを入れる時にやけどに気を付けることとタオル生地が傷みやすい場合がありますので注意してください。

洗濯洗剤を使用した時のような良い香りはしませんが、雑菌によって香る嫌な匂いは取れますのでおすすめです☆

酸素系漂白剤を使用する

大きな桶などにぬるま湯をはり、酸素系漂白剤を規定の量入れます。

その中にタオルを入れて30分から1時間ほど浸けておきます。

その後タオルを取り出して水洗いして天日干します。

こちらも簡単な方法で、殺菌ができますのでぜひ試してみてください♪

しかしデメリットとしてこの方法はタオルが色物である場合は色落ちをしてしまう可能性がありますので、注意して実践してみてくださいね(^^

また酸素系漂白剤を使用して殺菌した後に、洗濯をすると効果が上がるとされています。

匂いや汚れが特に気になったり、酷い場合にはダブルで行うことをおすすめします。

またこちらの動画では『タオルをフカフカにする裏ワザ』についてご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:タオルをフカフカにする裏ワザ

まとめ

いかがだったでしょうか?

タオルを一日でも洗わなければ雑菌の数はとんでもない数に増えるということを知ってとてもびっくりした人もいらっしゃるかもしれません。

私たちが綺麗だと思っているものでも、たとえ目には見えなくても健康を害するほどの雑菌が潜んでいたりするかもしれませんね。。

あなたの周りでタオル交換の時期について議論されていたとしたらあなたはどう答えますか?

もう答えは一択ですね!

今回はタオルを交換する頻度はどれ位が良いのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ