立ちくらみの原因と予防に効果的な食事を解説します!

【スポンサードリンク】

皆さんは立ちくらみを感じることはどれくらいありますか?

私はついつい長風呂し過ぎた時に立ち上がる時や仕事で長時間PCに向かっていて席を立とうとした時に時々感じることがあります。

立ち上がる時にふらついてしまったり、ひどい時だと目の前が真っ白になり、うまく立つことができなくなったりするのが立ちくらみの症状ですよね。。

少しふらつく程度で済めばいいのですが、症状が悪化するとそのまま倒れてしまうこともありますのでとっても怖いですよね(>_<)

そこで今回は、立ちくらみが起こってしまう原因について、またその原因を改善してくれる食事についてご紹介しようと思います。

立ちくらみ予防に日ごろから一番取り入れやすいのは、食事療法ですのでぜひ試してみてくださいね!

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

立ちくらみの原因は血流にあり!

立ちくらみの原因はズバリ血流にあります!

立ちくらみのメカニズムは、体の血流の悪化が原因で脳まで血液がいきわたらずに脳が”酸欠状態”になることで引き起こされてしまうのです。

特に若い女性の多くが悩む貧血”や”低血圧”は立ちくらみの大きな原因となります。

そもそも貧血とは、体全体に酸素を送り込んでくれるヘモグロビンが不足するために起こります。

このヘモグロビンが不足すると酸素がうまく体にいきわたらなくなるため、脳も酸素が不足して立ちくらみを引き起こすのです。

また低血圧とは、体をめぐる血の流れが弱い状態のことなのですが血は心臓がポンプの役割をして体全体に運ばれていくので、特に心臓より高い位置にある脳まで血を送るには勢いが必要です。

そのため、血圧が低いと脳まで十分な血液がいきわたらなくなります。

立ちくらみとは脳の酸欠状態のことなので、すなわち低血圧の人は立ちくらみになりやすいのです。

【スポンサードリンク】

立ちくらみを予防するためにしたほうが良いことは?

ここからは立ちくらみを予防するために心掛けたいことについてご紹介していきますね!

体を温める

体が冷えると血管が収縮し、血行が悪くなってしまいます。

立ちくらみを予防するには血の巡りをよくすることが大事なので、半身浴や軽い運動をして体を温めると良いでしょう。

また普段からお風呂をシャワーで済ませている方はできれば入浴に切り替え方が体の血流が良くなりますのでおすすめです♪

運動をして筋肉量を増やす

体内の血液は重力に従って上から下へと流れていきます。

血液を循環させるためにはこの下へ流れてきた血液を上に押し戻す力が必要なのですが、その役割を担うのが筋肉です。筋肉がポンプの役割をして血液を循環させてくれています。

ですので日頃から運動をして筋肉量を増やすことで立ちくらみの予防になりますよ!

またこちらの動画では『立ちくらみの予防に効果的なツボ』について解説しています。気軽に立ちくらみを改善できる方法ですので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:【つらい立ちくらみを予防】ワンポイントツボ講座

食事の改善

上記で説明したものの、立ちくらみの改善に有効な半身浴をするのにも時間が必要だし、運動もなかなか続かないことが多いですよね。

そこで心掛けていただきたいのが普段の食事です。普段の食事に立ちくらみの原因となる貧血を予防する食材を取り入れたり、血液を作る食材を日ごろから食事に取り入れることで手軽に立ちくらみを予防できるのです。

ここからは立ちくらみの予防におすすめな食材をご紹介していきますのでぜひ参考にしてみて下さいね(^^)/

立ちくらみ改善に効果的な食材

鉄分を多く含む食材

立ちくらみの改善=貧血の防止にも通じてくるのでやはり必須の栄養は鉄分です!

野菜で言えばほうれん草や小松菜、モロヘイヤ、パセリなどがおすすめです。

調理法の注意点として鉄分はゆでたりして加熱すると栄養分がお湯に溶け出してしまうのでできればスムージーなどがおすすめです。

肉類ではやっぱり王道はレバーですね!特に鉄分の含有量が多いのは豚レバーで、鶏や牛レバーよりも多く鉄分が含まれています。

その他にも牡蠣やしじみ、あさりなどの貝類ヒジキや青のりなどの海藻類にも含まれています。

レバーや海藻ほどではありませんが、納豆にも鉄分が含まれているので毎日意識して取り入れるようにすると良いですね!

◇参考動画:貧血を改善する方法 LNH Show Episode #161

鉄分の吸収を助けるビタミンCが多く含まれる食材

鉄分を食事に取り入れる際に同時に摂取すると有効とされているのがビタミンCです。

ビタミンC鉄分の吸収を助けてくれるので、効率よく摂取でき立ちくらみの予防になります。

ビタミンCを多く含む食材として代表的なのは緑黄色野菜や、アセロラなどのフルーツです。

造血作用のある食材

ビタミンB12ビタミンB6葉酸造血作用のある食材に含まれているビタミンです。

これらのビタミンを積極的に食事に取り入れていくことによって、血液のもととなるヘモグロビンや赤血球を作る助けをしてくれますよ!

ビタミンB12とビタミンB6が同時に多く摂取できる食材として優秀なのが牛レバーです。

また海苔にはビタミンB12と葉酸の両方が多く含まれているので、朝食に取り入れてみるのも良いですね♪

いかがでしたでしょうか?鉄分や造血作用のある食材を積極的に食事に取り入れることで、立ちくらみの予防になります。

立ち上がった時ふらっとするな・・・と思ったときは、少し意識して取り入れてみてくださいね!

今回は立ちくらみの原因と予防に効果的な食事について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ