低体温で頭痛やだるい時どうする?対処法をお知らせ!

【スポンサードリンク】

近年、体が冷えたり慢性的に低体温だったりしてそれが原因で頭痛になり悩んでいる人が増えているようです。

低体温の状態での頭痛はとても体がだるくなり、非常に不快な気分になってしまいます(>_<)

最近では低体温での頭痛は低年齢化も進んでいて、メディアの報道でも時々目にすることがありますね!

そこで今回はそんな低体温の頭痛で困っている人へ対処法をご紹介します。

日常の生活習慣を見直したり、ちょっと意識を変えるだけで改善に向けさせることができますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

それではぜひ最後までお付き合い下さい!

低体温で頭痛が起きるメカニズム

それではまずは低体温によって頭痛が引き起こされるメカニズムについて分かりやすくご説明していきますね。

皆さんは人間の平熱は何度かご存知でしょうか?一般的な人間の体温は正常で大体おおよそ36.6℃から37.2℃位です。

これよりも体温が下がることによって新陳代謝が悪くなり、血液の流れも悪くなってしまいます。

この際、もちろん頭に流れる血液も減ってしまうために頭痛を引き起こしてしまうんですね。

また低体温は35,0度台以下の状態を言います。

今の日本人は子供から大人までの幅広い世代で低体温で体の不調を訴えている人が増えていると言われています。

低体温での頭痛は鎮痛剤を摂取することで緩和されますが、薬の効果が切れてしまうとまた頭痛を感じてしまいます。

それはあくまでその場しのぎの対処療法であって、根本的に低体温の症状が改善させていないからなのです。

低体温になる原因

低体温になってしまうのにはもちろん様々な原因がありますので、以下に考えられる原因を挙げていきます。ぜひあなたに当てはまることはないのかどうかチェックをして欲しいと思います。

低体温になってしまう原因を知ることで改善に繋がりますよ。

ミネラル・ビタミン不足・タンパク質などの栄養素の不足
冷たい食べ物や飲み物を取り過ぎている
『食べない』ダイエットを実践している
冷房の効きすぎた環境にいる事が習慣している
運動不足が習慣化している
ストレスによる血行不良や自律神経の乱れ
ホルモンバランスの乱れ
便秘体質

低体温になる原因はこれらのように様々ですが、一様に言えることは生活習慣を見直すことで改善させることができそうだということです。

全て、体に良くないことである事は書き出してみると分かりますが、誰でも低体温に陥りやすいついついやってしまいがちな条件ばかりですね。

こちらの動画では鍼灸整骨院の先生が教える『低体温の原因や解消法』について解説していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:あなたの平熱は何度ですか?冷え性 低体温にはご注意ください しゅはら鍼灸整骨院

【スポンサードリンク】

低体温での頭痛でだるい時の対処法

低体温を改善させる為には生活習慣を見直し、平熱を上げていくことが大切です。

しかし、低体温によって頭痛が起こりだるいという時にはまず体を温めなければいけませんね。

お風呂に入浴することで体の芯から温めることができます。

40〜42度ほどの少し熱いかなと思う温度のお湯に浸かることを習慣にしてみて下さい。

体を温めて血流を良くしながら、体をリラックスさせることで日頃抱えているストレスの軽減や自律神経の乱れを正す効果が得られますよ!

そして良質な睡眠を得られる状態に体はなっていますので、ぐっすりと眠ってしまう事でしょう。

緊急時の対処法ですが、これらは毎日続けることで低体温になることを防げます。

また栄養きちんと取り、体を温める食べ物・飲み物を摂取し、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動をするように心がけましょう。

何よりも同じ時間に起床し同じ時間に睡眠を取ることで自律神経を整え、新陳代謝をあげることにも繋がります。

低体温での頭痛を早く和らげるために行うことは、全体的な体質の改善にも繋がっています。

意識をして一つ一つ、体温を上げる行動を起こしてみて下さい。

またこちらの動画では『低体温な方におすすめの食べ物・飲み物』をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:低体温を改善!食事に注意して簡単対策音符

まとめ

いかがでしたでしょうか?

低体温での頭痛時にいつも薬で和らげていては、いつまでたっても根本的な原因を排除することはできませんね。

まずは、生活習慣の乱れがないのかを一度考えてみましょう。

そこで問題を見つけることができたならば、原因にフォーカスして改善をしていくだけです。

人間には必要な栄養や睡眠、運動といったことの質を上げていくことだけでもだいぶ体質は変わってきます。

これからも同じ苦しみをしないように、今一度日頃の生活を振り返ってみて下さいね。

今回は低体温で頭痛やだるい時どうすれば良いのかその対処法を解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ