2017年干支の酉の意味とは?その由来や特徴を解説!

【スポンサードリンク】

あなたは自分の干支が何かということを意識したことはありますか?

干支は遠い時代から長く続いて使われているものでそれにはそれぞれにきちんとした意味や由来・特徴などがあるのです。

2017年は酉年ということで今回は酉年について詳しく解説していきます。

2017年の干支の意味や由来・特徴をぜひ周りの皆さんにも披露してみましょう(^^)/

干支が持つ特徴を知らない人は多くいますので詳しく知っていることに驚かれるかもしれませんね☆

さて12年に一度巡ってくる酉年・・・いったいどんな意味があるのでしょうか?

それではぜひ最後までお付き合い下さいね!

干支ってそもそも何でしょうか?

まずはじめにそもそも『干支とは何なのか?』について少々難しい説明になりますが、ご紹介しますね!

言葉の定義としては、十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)を合わせて干支と言います。

この干支という言葉の起源中国の商代(紀元前17世紀頃)という時代よりも前に出来たものだと言われています。

干支は、暦や時間・方角に用いられてきましたがたとえば『丑三つ時』という言葉は、一日を十二支で振り分けた時に丑の時刻、すなわち1時から3時の位置を示しています。

少し例を挙げて説明するだけでも小難しい干支ですが日本では十二支を干支と解釈して話すことが多いですよね。

そして一番干支が話題に上るのは言わずもがな年末年始の時期ですね。

12年の周期で周ってくる干支でその人の年齢を把握したり、干支によって性格を判断したりします。

2017年の干支「酉年」の特徴とは?

上記で干支がその人の性格を判断する基準にもなるとお話しましたが、昔から干支には十二支それぞれに特徴があると言われてきました。

干支占いとでも言いますか、巷でもなかなか当たると評判なのです!

さて2017年は酉年ですが・・・やはり酉年ならではの特徴があるんですよ~♪

ではこちらから酉年生まれの方の特徴を見ていきますね(^^)/

酉年生まれの基本性格

大きな特徴としては、とてもせっかちで思い込みが強く物事に対して空回りをしてしまうことがあると言われています。

一方で良い面ももちろんあって、物事に対して鋭い洞察力がありますので、落ち着いて周りを見渡し状況に応じた行動が出来れば何事も結果がついてきやすいです。

また人一倍プライドが高いことも特徴で時には自己中心的な行動をしていると周りの人には思われてしまいがちですのでもっと本当の自分をさらけ出して、相手にあなたの人となり・本質を知ってもらう努力をしてみると人間関係がスムーズに進みます。

これらの性格面での特徴は十二支それぞれにありますから、ご自身の干支に関して調べてみると面白いですよ(^^♪

日本では血液型占いがありますが同じように中国ではこの干支占いがとってもメジャーなのです。

またこちらの動画でも酉年生まれの性格と才能に関して詳しくご紹介していますので宜しければ参考にしてみてくださいね!

◇参考動画:酉年の性格と才能

【スポンサードリンク】

酉がもつ縁起の良い意味

干支とは縁起を担いでいるとも言われています。

たとえば酉(鳥)は素早く行動し、積極的な意味合いが含まれており「とりこむ」という意味に繋がり、『商売などに縁起が良い!』とされています。

また、犬猿の仲という言葉がありますが酉年の前は申年、後には戌年と構成されており、さるといぬの間に位置しこれはさるといぬの仲裁にとりが入ったという言い伝えから、この10番目の位置に酉年がなったのではないのかと言われています。

特に何かの役に立つというわけでもないですが調べてみるとなかなか面白いですね(笑)

干支について知ることで見えてくること

私たち日本人が干支のことを考えたり話題になるのは年末年始の時期くらいですね・・・(^-^;

もっと言えば年賀状を書いたもらったりする時に話題に挙がるくらいかもしれませんね。。

しかし何百年も続いている干支について知ることは少し大げさかもしれませんが、今までの先人の知恵を垣間見ることにも繋がるではないでしょうか?

日本人自体も縁起を担ぐのは好きな人が多いですので情報の一つとして知っていて損になるようなことはありませんよ。

今回は2017年の酉年の意味や由来、特徴についてスポットを当ててみましたがいかがでしたでしょうか。

12年に一度巡ってくるご自身の干支だけではなく、大切なあの人の干支を調べてみるのも良いかもしれませんね!

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ