登山で足の爪が痛い時の対処法!靴の選び方も解説します。

【スポンサードリンク】

登山が好きで休日はほとんど山登りばかり、と言う登山が趣味の方は男女、年齢問わず最近は多いですよね。

しかしながら登山中に足の爪が痛くなって困った事はありませんか?

足の爪が痛くなってしまったらどのように対処しているでしょうか?

登山中に足の爪が痛くなってしまった時の対処法や登山用にお勧めの靴の選び方などをご紹介したいと思います。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

登山で足の爪が痛くなるのはなぜ?

登山中の足の爪の痛みはどのような時に特に痛みを感じると思いますか?

多くの場合は登りよりも下る時に強い痛みを感じる場合が多いようです。

理由は登りの時は足のかかとに体重がかかりますが、下りの場合はつま先に体全体の体重がかかり足が前にずれやすい状態です。

足が前にずれたままですと、靴の中でつま先と爪がぶつかった状態になり、その時間が長ければ長いほど爪が圧迫されている状態が続く事になってしまうわけです。

がある程度の時間圧迫され続けると、内出血が起こってしまったり痛みを強く感じるようになってしまいます。

登山中に足の爪に痛みを感じた時の対処法とは?

どうすれば登山中に足の爪が痛くなる事を防げるの?と思う方の為に登山に適した靴の選び方を紹介します。

まず、登山中に下りの時以外も足の爪が痛くなる場合は登山靴のサイズが小さい可能性が高いです。

自分に合ったサイズの登山用の靴つま先の部分に1センチくらいの余裕があり、下りの時も爪とつま先ができるだけ圧迫されないような工夫がされています。

ところが、サイズが小さい登山靴ですとつま先に余裕がない可能性があるので爪とかかとが圧迫された状態になってしまうのです。

登山をするたびに足の爪が常に痛む方は、早急にご自身が履かれている登山靴をチェックする必要があります。

サイズが小さいと感じたら今後快適に登山を楽しむためにも登山靴を買い替える方がいいでしょう。

【スポンサードリンク】

登山靴を選ぶ時のポイントとは?

登山用の靴を選ぶ時のポイントを紹介します。

まずは自分の足の幅をしっかりと測り、サイズに合わせた靴を選ぶことが必要です。(2E、3Eなど数字とEでサイズが変わる)

普段の靴よりも1センチくらい大き目の物を選び、靴を履いてみて中でつま先が自由に動かせるかどうかを調べてみましょう。

この2つを気を付けて登山靴を選ぶと失敗する可能性が低くなると思います。

登山経験が浅く、靴選びにも慣れていない方はお店のスタッフにご自身の足に合った靴を選んで頂く方法もあります。

靴を替えなくても、靴の中に入れて使う足の爪が痛くならない為のインソールなども売られているようですので、気になる方はアウトドアショップのスタッフの方に聞いてみましょう。

またはあらかじめ登山歴の長い方と一緒に登山靴を買いに行ったり、足の爪が痛くならない為の登山靴を選ぶ時のポイントを聞いておくのもおススメの方法です。

まとめ

登山中に足の爪が痛くなってしまう原因を分かっていただけましたか?

登山は勿論、サイズが合わない靴を履いていると足にはかなりの負担が生じてしまいますよね。

靴ずれもサイズが合わない靴を履いていた結果である事がほとんどですし、サイズが合わない靴をずっと履いていると、足の形や骨の変形にも繋がりかねません。

登山靴は長時間歩く事を目的として作られている側面もあるので、一般的な靴に比べると足に負担がかからないような工夫がされていますが、サイズが合っていなければあまり効果を発揮することができません。。

慎重な靴選びで快適な登山ライフを楽しんで下さいね!

今回は登山で足の爪が痛い時の対処法と靴の選び方について解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ