つるし雛の簡単な作り方!折り紙や型紙・フェルトを使った方法をご紹介!

【スポンサードリンク】

3月3日は楽しいひな祭りですね!

娘さんがいらっしゃる方は少しずつひな祭りに向けて準備に取り掛かりたい時期ですが、雛人形をフルセットで購入するとなると10〜20万円程費用が必要であるほか、雛人形を配置する広いスペースが必要なのでアパートやマンション暮らしのご家庭ですと「うちじゃちょっと厳しいな・・・」と頭を抱えている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが気軽にひな祭りを楽しめる『つるし雛』です♪

今回こちらの記事では『つるし雛』を自宅で簡単に作る方法について折り紙・フェルトを使った方法や型紙を無料でダウンロードできる便利なサイト情報と合わせてご紹介させていただきます。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

つるし雛とは?

つるし雛とは折り紙で作ったキャラクターやフェルト生地を使用して作った様々なお人形を全てつるして飾るひな祭りを祝う祭に使用するオブジェの一つです。

つるし雛の歴史は長く、江戸時代から始まったと言われています。

その頃は雛人形を購入する裕福ではない家庭の母親・父親が生まれてきた子供の幸せを願うべく、母親・父親以外にもおばあちゃん・親戚などそれぞれ作ったお人形を持ち合わせ一つの糸につるし、飾り始めたことをきっかけに「つるし雛」が生まれたという言い伝えがあります。

折り紙を使ったつるし雛の簡単な作り方

うさぎのお顔バージョン

1.三角におります。

 

2.写真のように下部分を折ります。(5mm幅目安)

3..写真の黒矢印のように真ん中に両端折り合わせます。

4.そのまま裏返します。

 

 

6.耳の下、口元下と写真のように上下おります。

 

7.お好みで目・鼻・口など色付けをして完成です。

こちらは折り紙を使ったうさぎのつるし雛の作り方です。

吊る際は折り紙が破けないよう、針・糸を通し飾りとして使用してください。

みためが可愛らしく性格も優しいウサギは大変キュートなイメージの強いですがウサギの持つ赤い目は魔除けパワーがあるという言い伝えがあるそうです。

芯のある女の子に育てたいというママは是非つるし雛の飾りとして取り入れてあげると良いですね。

うさぎのつるし雛・全身バージョン

こちらうさぎのつるし雛全身バージョンです。

動画ではピンク色の折り紙を使っていますが、和柄の折り紙や金の折り紙など使ってもよりひな祭りらしいつるし雛が作れるのでおすすめですよ。

【スポンサードリンク】

フェルト・ちりめん布を使ったつるし雛の簡単な作り方

縫わずにフェルトで作るシルバニアファミリーのお内裏様です。

つらさずに飾ってもかわいらしいですが、後ろに糸を通してあげればつるし雛として使用することも可能です。

お家にシルバニアファミリーがある家庭であれば材料費もフェルト生地のみとなるのでお財布にも嬉しい方法ですね。

つるし雛の型紙を無料でダウンロードできるサイトについて

無料で手軽に作れるつるし雛の型紙を無料でダウンロードできるサイトについていくつかピックアップしていきます。

普段裁縫が苦手という方も型紙があればより簡単にかわいく仕上げることができますので是非参考にしていただければ幸いです。

MicroSoft社

こちらパワーポイントから印刷することが可能です。

写真やお好みの文字を入れることができるのでよりオリジナリティの高いつるし雛をつくることができる点が大変魅力的な型紙です!

CANON

桃の節句をテーマに作られたかわいらしいデザインです。

ぬりえやさん

塗り絵専門ウェブサイトの型紙です。

塗り絵を楽しみながら作成できるので娘さんと一緒につるし雛を作りたいという方におすすめですよ(^^♪

今回はつるし雛の簡単な作り方と折り紙や型紙・フェルトを使った方法ついて解説してきました。

全て手軽に購入できる材料ばかりで作れますので是非自宅に雛人形セットがないというお母様は当記事を参考にチャレンジしてみてくださいね。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ