梅の花見のおすすめスポットを関東・関西別にご紹介!

【スポンサードリンク】

梅の花の美しい色合いを見ると春の訪れを感じますよね~。

ニュースなどでも梅の花の見頃に関する話題が出てくると『春ももうすぐそこかな!』とわくわくしてくるものですね(*^^)v

みなさんは今年は梅の花見に行く予定はありますか?

一般的に春本番の桜の花見ほどメジャーではありませんが全国各地に梅の花見のおすすめスポットがあり一見の価値がありますよ♪

そこで今回はこちらでは日本全国の梅の花見のおすすめスポットをご紹介します。

関東・関西に分けて紹介しますのでお近くにお住まいの方はぜひお立ち寄りになってみてはいかがでしょうか?

それでは最後までどうぞお付き合い下さい!

梅の花見おすすめスポット:関東編

まずは関東地方にある『梅の花見のおすすめスポット』をご紹介していきます。

栃木県:塩那台地の梅の里

ここは日本のなかでも有数の『隠れた名所の花見スポット』と言えるでしょう。

都心から少し離れた栃木にある塩那台地の梅の里です。

周囲には人も家も少なく梅林と畑だけが広がっているという穴場的なスポットなのですがこちらには約4,000本の白梅が咲き誇っています。実はこの梅は実を取るためにあるものなのです。

平日は梅の花見シーズンでも静かですので初めて訪れる時にはにぎやかな場所で見る春本番の桜の花見とは違ってゆったりとした時間を楽しむことができると思いますよ(^^♪

◆アクセス:『JR烏山駅』より車で10分程度

◆見ごろの季節:2月中旬から3月下旬にかけて見頃を迎えます。

群馬県:箕郷梅林(みさとばいりん)

これまた都心から少し離れた『群馬の名山・榛名山』にある梅の花見スポットです。

群馬県は日本有数の『梅の産地』として古くから有名でありこちらのスポットは関東平野を見渡せる小高い丘にあり約10万本の梅が植えられていて梅林としては東日本一の規模なのが特徴です!

箕郷梅林の梅はほとんどが白梅でこちらも実を収穫するための梅で白梅が満開になると本当に綺麗で絶景!一見の価値ありです☆

◆アクセス:車の場合→『関越自動車道前橋IC』より車で30分程度

電車の場合→『JR高崎線高崎駅』よりバスで30分の『箕郷営業所』下車しタクシーで5分程度

◆見ごろの季節:2月中旬から3月下旬にかけて見頃です。

◇参考動画:箕郷梅林(群馬県)JAPAN.20160319

茨城県:偕楽園(かいらくえん)

ここは金沢の兼六園・岡山の後楽園と日本三名園の一つとして数えられる日本の梅の花見スポットを代表する場所です。

園内には約3,000本の梅が植えられてます。

期間限定(通常2月下旬から3月末まで)で梅まつりのイベントがあり梅の花がライトアップされた夜の観梅ができるのが特徴です。

なかでも数千個のキャンドルが夜を照らす人気イベントですのでぜひイベント期間中に足を運んでみましょう♪

ただし梅まつりの期間中は駐車場が有料になります(一律500円)ので注意してくださいね!

◆アクセス:車の場合:常磐自動車道 『水戸I.C』より約20分・北関東自動車道 『茨城町東I.C』より約20分 ・北関東自動車道 『水戸南I.C』より約20分
電車の場合→JR常磐線『水戸駅』→『水戸駅北口偕楽園行き』バスで約20分

◇参考動画:【FLYCAM】水戸 偕楽園 梅祭り! 茨城いいとこ一度はおいで #4

【スポンサードリンク】

梅の花見おすすめスポット:関西編

続いて関西地方にある『梅の花見のおすすめスポット』をご紹介していきます。

兵庫県:御津自然観察公園 世界の梅公園

こちらの特徴は日本の梅をはじめとしながらなんと『中国』・『韓国』・『台湾』など各国の梅を観梅できる点です。

園内からは目の前に広がる瀬戸内海を眺めることができるので壮観ですしやっぱり世界の梅が一度に見ることができるのは魅力的ですよね。

国ごとに梅に違いがあるためぜひ注目してみてくださいね!

毎年開催される梅まつりはキャラクターショーやビンゴ大会などの催しがあり、子どもでも楽しめる企画が行われています。

◆アクセス:電車の場合→『山陽電車網干駅』よりバスで15分
車の場合→『姫路バイパス中地IC』より国道250号を西へ35分・『山陽自動車道龍野IC』または『龍野西IC』より南へ30分

◆見ごろの季節:2月下旬から3月下旬にかけて見頃です。

※月曜日が定休日なので日程を確認してお立ち寄りください。

奈良県:賀名生梅林(あのうばいりん)

ここは奈良県有数の梅の名所として有名です。

加賀・林州といった品種の梅の木が約2万本植えられており、梅林を一周するのになんと2~3時間は掛かる広大な敷地となっています。

時間をかけて観梅を楽しみたい方は景色とともに梅の花を見て歩くと良いですね☆

◆アクセス:電車の場合→・『JR和歌山線五条駅』下車 ・『南海電鉄高野線橋本駅』でJRに乗換えて『五条駅』下車

車の場合→南阪奈道路『葛城インター』から国道24号線を五條まで南下し、国道168号線を十津川方面へ12分程度です。
賀名生トンネルを出てすぐなので目印にすると良いでしょう。

◆見ごろの季節:2月下旬から3月下旬にかけて見頃です。

◇参考動画:賀名生梅林空撮 2015/03/20

こちらの動画では上空から賀名生梅林を撮影した様子を公開しています。特に2:40~の見渡す限り梅の花で覆い尽された風景は絶景ですのでぜひご覧になってみて下さいね!

和歌山県:南部梅林

日本の梅の産地・名所と言えばなんと言っても『和歌山県・南部』、梅の時期になると山全体が梅の花で覆われる南部梅林がおすすめの観覧スポットです♪

なんと!約8万本もの梅の木が植えられており、それは絶景の一言で近くを流れる南部川に沿って広がっている山々を覆い尽す梅林梅の花の景色は一度は見ておきたい和歌山の名所です。

遊歩道は3~4キロほどで歩きやすい距離なのも嬉しいポイントですね!

梅の開花時期には梅まつりが開催され、餅投げや梅の種飛ばし大会など盛り上がるイベントが行われているので興味があれば、この時期に行かれてみてはいかがでしょうか?

こちらは中学生以上が250円、小学生以下が100円の料金設定となっています。

◆アクセス:電車→『JR南部駅』下車 『龍神バスみなべ梅林線』にてみなべ駅から梅林まで1駅乗車します。

◆見ごろの季節:2月上旬から3月上旬にかけて見頃です。

◇参考動画:満開の南部梅林 2014

大阪:大阪城公園

大阪城公園には約1,200本もの梅の木が植えられていて品種が多く早咲きから遅咲きまで長い期間観梅をすることができるのが特徴です。

豊富な梅の花の数々は時期により違う景色を見せてくれるおすすめのスポットで梅の見ごろの時期になると公園内で梅のソフトクリームが販売されているので訪れた時には召し上がってみるのもいいかもしれません♪

大阪城公園駅を下車してすぐの立地なのでアクセスも抜群なのが嬉しいですね(^^♪

これ以外にも全国にはまだまだ多くの梅林・梅園がありますので、ご自身の足で見つけてみるのも良いですね!

今年の春の訪れを素敵な観梅で迎えてみてはいかがでしょうか?

※梅の花の開花時期が違うのでご注意ください。

今回は関東・関西の梅の花見のおすすめスポットについてご紹介してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ