これってうつ?マイナス思考が止まらない時の特徴と改善法とは?

【スポンサードリンク】

仕事やプライベートで何かしらのハプニングがあった際は誰しも『大丈夫かなぁ・・』という不安が頭の中をグルグルと駆け巡ることはあるかと思いますが、”何も起こってないにも関わらず”常にマイナス思考が止まらない場合、うつ等の精神疾患の可能性も十分考えられます。

しかし、人間何事もプラス思考へ考え方をもっていくことで人生を180度変えられる!といっても過言ではありませんので是非早急にマイナス思考への改善策をとっていただきたいものです^^

そこで今回はマイナス思考が止まらない時の特徴と改善法について具体的に解説していきたいと思います。

どうぞ最後までどうぞお付き合いください。

マイナス思考の基本的な特徴について

マイナス思考の方の特徴についてですが、プラス思考の方と違い、何事も「負の側面」ばかり観察しようとします。

例えば過去に仕事等で大きなミスをした経験がある場合「また失敗したらどうしよう・・・」と必要以上に恐れる傾向にあります。

また、これに加えて人の顔色を伺ったり相手のちょっとした態度に非常に敏感になるという特徴もあるようです。

マイナス思考が止まらない原因はうつ?

マイナス思考=うつ・精神疾患というわけではありません。

もちろんあまりにも悪化してしまえばうつ病の一種を引き起こす可能性がありますが、どちらかというとその人自身の人格の一部であり、過去の経験・蓄積を重ねたからこそ出来上がった人格であります。

マイナス思考の原因について一つ一つ見ていきますと、ます一つ目は「生い立ち」に原因がある可能性があります。

子供の頃からご両親に「よく頑張ったね!」と褒められて育ってきたから自然とポジティブ思考な人へと成長していくわけですが「なんでいつもお前はそうなんだ!」と叱られてばかりいた方にはマイナス思考かつ何事も悲観的に捉える方が多いようです。

二つ目に考えられるのは「いじめなど過去のトラウマ」が原因と考えられます。

自分のグループから外された、話しかけても無視されたという経験がある方はマイナス思考に陥りやすいです。

三つ目は「挫折経験が多い」という方がマイナス思考になりやすいです。

告白で振られた、コンクールで落選したなど”頑張ったのにダメだった”という経験をすると「また失敗したらどうしよう」「がんばってもどうせ・・」と後ろ向きに考えてしまうのです。

【スポンサードリンク】

マイナス思考の改善法について

マイナス思考は習慣を変えるだけで意識的にコントロールすることが可能です。

以下にてマイナス思考の改善法についてまとめていきますので、是非参考にしていただければと思います。

  • 自分と差が大きい人との付き合いを辞める

マイナス思考の方はすぐ誰かと自分自身を比較し落ち込んでしまう傾向にあります。

もちろん比較する癖を辞めることも解決策の一つですが自分と何かしら差が大きいひととの付き合いは最初から辞めることを心がけましょう。

  • お笑いDVDなど積極的に鑑賞する

人間笑うことで不思議とポジティブ思考へと移行することが可能です。

例えば失恋など悲しいシーンばかり取り入れた恋愛ドラマですと悲観的になりがちですが、笑えるバラエティ番組やお笑いDVDなどをみることで「楽しい!」という感情をたっぷり味わうことができますし、何より周りの方との話のネタへと変えることができます。

  • 早起きをし、日光を浴びる

人間は朝日を浴びることでプラス思考に変わる特性があります。

仕事やプライベートでマイナス思考に陥りやすい方は是非早寝早起きを心がけ、朝日を浴びることを習慣化させましょう。

1日10〜15分でも構いませんので起床後、美しい空を眺めながら日光浴することをお勧めいたします。

またこちらの動画では心理カウンセラーが語るネガティブ思考を一瞬で止める方法をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい!

◇参考動画:ネガティブ思考を一瞬で止める方法【心理カウンセラーたかむれ】

今回はマイナス思考の特徴や原因、改善策について解説させていただきました。

マイナス思考は改善策を実践することで誰しも意識的にコントロールすることが可能です。

プラス思考へと切り替わることで、心への負担も随分軽くなるかと思いますので是非当記事を参考に素敵なポジティブライフをお過ごしくださいね^^

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ