バレンタインに会社で配る義理チョコの平均金額とは?渡し方のポイントもご紹介!

【スポンサードリンク】

毎年恒例のイベントであるバレンタイン。

会社で同僚や上司の方に義理チョコを配る場合、色々と気遣いが必要となってきますよね。

部署などでお金を集めるなど、会社によって決まっている場合もありますが、個人で送る場合などはどうするべきなのか、データなどを元に参考にできる情報をご紹介します。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

義理チョコにかける予算、みんなはどれぐらい?

毎年バレンタインが近づくと、ため息が出てしまう女性社員の方も多いのではないでしょうか。

義理とはいえ、日々お世話になっている上司や同僚に、あまり安いチョコを贈るのもどうかなと思ってしまいますよね。

全国の女性社員のみなさんは、バレンタインにはどれぐらいの予算を考えているのでしょうか?

上司と同僚には差をつける?

本命チョコの予算は3000円から5000円と、気合いの入っている様子がうかがえるデータがありますが、会社で配る義理チョコの予算は、データによればなんと500円未満が全体の約3割を占めます。

次点が1000円未満でこちらも全体の3割。つまり過半数の人が義理チョコにはワンコインを予算としてと考えているんですね。

それでも上司と同僚に同じものを贈るのは…ということで、違うチョコを贈ることが多いようです。

また男性社員が多い職場では、小分けできるチョコでまとめて食べてもらうという人もいます。

お返しは不要?

義理であってもホワイトデーに気を遣ってお返しをくれる人もいます。

安い予算であげたチョコにお返しをもらうのも気が引ける、という意見もありました。

会社によっては、バレンタインデーにチョコをあげるのが伝統になっているところもありますし、お返しがお互いに負担になるからお茶菓子にチョコを配り、お返しは不要!としているところもあります。

会社の女子でまとめて買えば、予算も少なくて済みますが、男性側はお返しするべきか悩むところですね。

【スポンサードリンク】

義理チョコであっても気をつけたい!職場での渡し方

義理であろうと本命であろうと、チョコはチョコ。

うっかりトラブルにならないよう、渡すときには次のことに気をつけるようにしたいですね。

人のいる場所で渡す

二人きりのときに渡すと「個人的に…?」と淡い期待を抱かせてしまう危険性があります。

不在などで机の上に置くときにはメッセージを

「義理チョコですが」「お疲れ様です」「いつもお世話になっています」といった一言を添えるようにしましょう。

メッセージカードを書く

男性のなかにはもらったチョコを持って帰って、居間のテーブルに置きっぱなし、という人も少なくありません。

実はそれがきっかけで奥さんに浮気疑惑をかけられてしまった…という話は結構あるのです。

メッセージカードには個人からであっても「社員一同」「チーム一同」と書き、個人名は書かない方が無難です。

手作りはやめておく

勘違いされる可能性が一番大きいパターンです。

チョコがあまり好きではない人もいるので、その人が他の人にあげることになっても困らないよう市販のチョコにしておきましょう。

義理チョコにも礼儀あり?ちょっとした心遣いもお忘れなく

会社でまとめて購入して配る、といった習慣がなくても、個人的にいつもお世話になっているから…とあげることを考えている人もいるかもしれませんね。

あげることはそれほど問題ではありませんが、会社内でトラブルにならないよう、事前にリサーチも必要です。

会社の先輩にバレンタインの話を聞く

前はやっていたけど今はしていない、というときには何か事情がある場合があります。

また係や部署ごとにする、しないとルールが決まっていることもありますので、確認しておきましょう。

個人的にあげるときには予算の確認を

会社で個別に渡す場合、他の人の予算なども聞いておきましょう。

張り切って良いチョコをあげた、また逆にあまりに安いチョコをあげた、となると社内で微妙な雰囲気になってしまいがちです。

今後の人間関係のためにも、リサーチはお忘れなく!

会社の人間関係がスムースになるよう、楽しいバレンタインにしてくださいね!

今回はバレンタインに会社で配る義理チョコの平均金額と渡し方のポイントについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ