あなたの腰痛の原因は?左側・右側・症状別の対処法を伝授!

【スポンサードリンク】

腰痛に苦しむ人は、この現代社会において特に増えてきています。

あなたも、腰痛に悩まされたりしていませんか?

腰痛の原因は何なのか、即効性のある対処法はないのか、悩んでいる人達にとっては是非知りたい情報だと思います。

また腰痛には様々な症状があり、左側、右側それぞれで症状が出る場合もあります。

それぞれ原因が変わってくるケースもありますのでそのあたりも詳しく解説していきたいと思います。

今回の記事では腰痛の原因、左側・右側それぞれの症状やその対処法などについてご紹介していきます。

腰痛の原因にはどんなものがあるの?

さて、腰痛になってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょう。

以下に簡単にまとめてみましたので、ご覧下さい。

・骨盤や脊椎などが歪んでいるため

・激しい運動をしたあとなど、使われた筋肉が炎症を起こしている

・神経が圧迫されている

・何かしらの内臓の病気を抱えていることが原因

などがあげられます。

骨盤や脊髄の歪み、身体の歪みなどは、普段の体勢に良くない癖がついている人がよくなりやすいのです。

例えば頬杖をつく、足を組む、そういう癖がついていると無意識にその動作をしてしまい、それが続いたために骨が歪んでしまいます。

また、激しい運動や重いものを持ったあとには、筋肉が炎症をおこしてしまって痛むことも。

神経が圧迫されている状態と言うのは、椎間板ヘルニアの症状であったり、骨粗しょう症が原因で骨がもろくなったために起こります。

腰痛を引き起こす内臓系の病気で、代表的なものは腎盂腎炎や胆石症、腹部大動脈瘤などがあります。

内臓疾患が原因の腰痛は、普段どおりに生活しても激痛が走ることが多いので、その場合はすぐに病院へ行きましょう。

左右によって、原因も症状も違う!

腰の左右によって、原因や症状も違うことがあります。

簡単にご紹介していきましょう。

<左の腰が痛い、原因や症状は?>

左の腰部分だけが痛いという方は、左側にある内臓疾患を疑ってみましょう。

左にある内臓疾患が原因で、腰痛を引き起こす代表的なものは腎臓疾患、または尿管結石です。

腎臓に異常が起こると、腰痛だけではなく発熱したり吐き気が起こったり、また血尿が出ることもあります。

そして尿管結石は、とにかく痛みが激しいのが特徴で、軽い場合は薬で治療する場合もありますが、結石の数が多かったり大きかったりすると手術して取り出すことになります。

どちらにしろ、早めに病院へ行って詳しく検査をしてもらいましょう。

<右の腰が痛い、原因や症状は?>

次は右の腰部分だけが痛むという方、もしかしたら身体に歪みがあるのかもしれません。

この場合、右の腰を動かしたり伸ばしたりすると痛むのが特徴です。

右利きのかたが多いため、右の腰へと負担をかける仕草を無意識に行っている場合があります。

特に足を組むという行為はとても骨盤に負担がかかりますから、なるべく足を組まないように意識を向けて、気づいたらすぐに止めるように心がけましょう。

そして内臓疾患が原因で、右側の腰だけが痛む場合、一番多いのが遊走腎です。

これは腎臓が普通の位置よりも下がった状態で、血管や神経が圧迫されてしまって腰痛の原因となるのです。

こちらは横になると痛みは和らぎますが、建つと痛みが強くなります。

やはり病院へ行って、きちんと検査をしてもらことが大事です。

【スポンサードリンク】

腰痛を和らげるための対処法とは?

さて、内臓疾患などが原因の腰痛は、病院へいくことが先決ですが、それ以外の原因の腰痛は、自宅でケアをすることも可能です。

例えば炎症を起こしている状態なら、痛みが和らぐまで冷やしておく、湿布を貼るなど。

また簡単なストレッチをすることで、身体の歪みで腰が痛い人は、腰痛が和らぐでしょう。

痛む部分を、ゆっくりと息を吐きながら伸ばしていくだけで、全く痛みが違います。

痛む場所をゆっくりと伸ばしていくだけの簡単なストレッチですから、どうして我慢出来ない時は、是非試してみてください。

出来れば、骨盤などのゆがみはきちんと接骨院などに行って、矯正してもらいましょう。

そして、癖となっている仕草には、十分気をつけることが大切ですよ!

また以下の動画では腰痛・ぎっくり腰になってしまった場合に自分でできる対処法をご紹介していきますのでぜひ参考にしてみて下さいね!

◇参考動画:かんたん!自動整体! ぎっくり腰もびっくり!! 魔法のような整体・・動けるようになるんです・・

最後に

いかがですか?

腰痛には様々な原因があり、その対処法もそれぞれ違います。

特に内臓疾患の場合は、早めに病院へ行くことが先決です。

腰痛は本当に辛いものです。少しでも原因を取り除いて、上手く対処してたいものですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ