ゆで卵の賞味期限は常温で何日?半熟だとどうなる?

【スポンサードリンク】

サラダやカレーなどのトッピングに人気のゆで卵。

そのまま食べても美味しいですし栄養価も豊富な万能食材ですよね!

普段ご家庭でもゆで卵を作る機会があると思います。

でもゆで卵の賞味期限って知っていますか?

作ったらすぐ食べるからあまり気にしない人が多いと思います。

しかし、ゆで卵の賞味期限が分かると、多めに作って保存しておけますよね。

また、中には半熟ゆで卵が好きな人もいます。

ゆで卵が半熟だと賞味期限は変わってくるのでしょうか?

今回はそんな素朴な疑問に関して触れていきたいと思います。

ゆで卵の常温での賞味期限は?

ゆで卵の保存方法には、常温、冷蔵、冷凍とさまざまな種類があります。

今回は常温での保存方法について調べてみました。

まず、ゆで卵は殻が付いた状態と殻を剥いてある状態とでは、保存期間が変わってきます。

殻には『クチクラ』という膜があり、細菌が卵の中に入っていくのを防いでくれているのです。

なので、殻を剥いてある状態より、殻が付いてある状態の方が長持ちするのです。

ですので、ゆで卵を保存する時は、必ず殻付きで保存しましょう。

殻が付いたゆで卵の常温保存期間はもって3日以内と言われています。

もっと長持ちしそうな気もしますが・・・。

しかし、これも冬場に限ります。

夏場は気温が上がり、とても菌が繁殖しやすくなっています。

1日も持たずに食中毒の元となってしまいます。

ですので、夏場にゆで卵を保存したい時は、冷蔵庫で保存するのが適切だと考えられます。

ちなみに、ゆで卵を冷蔵庫で保存した場合も、3日以内に使ってしまいましょう。

もちろん、殻付きで保存してくださいね。

また、食べる前にゆで卵から異臭がしたり、粘ついたりしている場合は腐っている可能性があるので、

食べずにすぐに廃棄してくださいね。

夏場は必ず確認してから食べましょう。

状態に気を付けて食さないと最悪食中毒になってしまう可能性もありますので・・・

【スポンサードリンク】

半熟ゆで卵の賞味期限は?

ゆで卵には固ゆでと半熟とがありますが、賞味期限には違いがあるのでしょうか?

実は固ゆでと半熟とでは、賞味期限はそんなに変わらないのです。

固ゆでのゆで卵の方が1日くらい長持ちします。

しかし、これは冷蔵保存での話です。

半熟ゆで卵は常温保存には向いていません。

常温で保存して食べるならば、作って数時間で食べきらなくてはいけません。

ですので、半熟ゆで卵は食べる量だけ作るようにしましょう。

また、半熟卵をお弁当に持っていきたいと思う人もいると思います。

しかし、夏場や直射日光が当たると菌が繁殖して、食中毒になりやすいので、お弁当に持っていくのは避けるようにしましょう。

ゆで卵の賞味期限を長くする方法

ゆで卵は常温でも冷蔵でも3日ほどしか持たないことが分かりました。

では、賞味期限を少しでも長くする方法はないのでしょうか?

ゆで卵は固ゆでにした後、めんつゆや醤油などで味付けをして、味付け卵にすると長持ちするそうです。

この場合は、殻付きで冷蔵保存で7日ほど持つことが分かりました。

ですので、ゆで卵をストックしておきたい人は味付け玉子にする事をおすすめします。

今回はゆで卵の賞味期限は常温で何日なのかと半熟だとどうなるのかに関して解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ