有給取得の理由は?求められたら私用のためでOKなのか?

【スポンサードリンク】

仕事に就いて、通常半年程経過すると付与されるのが有給休暇ですね。

でも休暇を取るために理由を言うのが面倒で取得しそびれたり、休む理由を色々考えたりしていませんか?

有給休暇には理由が必要なのか、また私用のために使っても大丈夫なのか、知っておきたい情報をご紹介します。

ぜひ最後までお付き合い下さい!

有休取得の理由って言わなくちゃダメなの?

有給休暇労働者にとって、法律上の権利となっています。

労働している時間や日数によって、付与される有給休暇の日数に違いがありますが、正社員でなくてもアルバイトやパートにも有給休暇は付与されます。

有給休暇を取る際、「会社に理由を言わなければならない」「旅行とか私用のために有給休暇を取るって言ったら断られそう」と考えてしまうかもしれませんが、有給を取る際に理由を答える義務はありません。

有給休暇は労働者の休む権利なので、休みを取って何をするか報告する必要もないのです。

有給の理由を言わなかったら取り消されるってホント?

有休を取るためには理由を明記しないと許可しない、ということは有給の申請を却下する理由にはなりません。

時季変更権という、有給休暇を取ることで通常の業務に支障が出るため、別の日に変更をお願いする権利は会社側にあります。

ただし別の日に変更を認めてくれなかったり、有給は許可しないといったことは違法となります。

周りの人が取っていないから、ということも有給休暇を取らない理由にはなりません。

消化できなかった有給休暇は2年繰り越すことが可能ですが、ほとんどの場合消化できなければ有給休暇は消滅してしまいます。

仕事の流れを見ながら、可能であれば積極的に申請していくことが必要です。

有給取得理由は私用が理由でもいいの?

有給を取る際に、手続き上申請書類に記入する必要がある会社もあるでしょう。

その際に記入する理由は「私用のため」でかまいません。

私用には広範囲の理由が含まれますので、たとえば冠婚葬祭に関わることで休暇が必要となった場合でも、細かく書かずに「私用のため」の一言でまとめることができます。

その詳しい理由を書かなかったからといって、会社には有給を拒否する権利はないのです。

申請する際に理由を求められたら、「私用のため」と答えれば問題ないと言えます。

【スポンサードリンク】

聞かれる前に書いておこう!有休取得の理由

有休取得は労働者の権利ではありますが、会社が繁忙期などの場合、取得する日をずらして欲しいと言われる場合もあります。

どうしても日程がずらせない場合は、理由を言ったほうが通る場合もあります。

正直に理由を言ってもいいですが、個人的な理由でわざわざ言いたくない、というときには家族旅行や病院といった理由にするなど対策を立てましょう。

嘘の理由で申請しても罪にはなりませんが、もし後でその嘘がばれてしまった場合は、自分の立場や信用が揺らぐことにもなるので、注意するようにしたいですね。

有給取得のときに気をつけたいこと

しかし有給休暇を取る場合、その日自分以外に出勤している人には仕事の負担をかけることになります。

会社は組織ですから、いくら労働者の権利とはいっても、それで仕事に支障をきたしたり、人間関係がスムーズにいかないということになれば問題となります。

また緊急の連絡が必要になることが起きるかもしれません。

できれば有給休暇を申請する際には、直接の上司には事情を話しておくといいでしょう。

詳しい事情を話したくない場合は無理に伝えることはありませんが、仕事でトラブルが起きたときのことも考え、上司の了解を取っておくほうが無難です。

さらに有給休暇を取る際には、自分の仕事は終わらせておく、仕事関係で連絡が必要な相手には事前に連絡しておくなど、会社に迷惑がかからないようにしておくのが社会人としてのマナーです。

さらに連続して休暇を取得するといったことは、勝手な行動と見なされることもあります。

有給取得は権利ですが、社内の人間関係を良好に保つためにも、取得する際には周りに気配りをすることも忘れないようにしましょう。

今回は有給取得には理由が必要なのかについて解説してきました。

それでは最後までお読みいただいて有難うございました。少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ